PayPayで経費精算が可能に

ソフトバンクグループとソフトバンク、PayPayは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」で支払った出張などの経費精算を申請できる機能と、企業が従業員に対する経費の支払いをPayPayを行うことができるサービスを4月以降に法人向けサービスとして提供を開始する。出張・経費管理クラウドサービスを展開するコンカーと連携。2020年内にソフトバンクとヤフーでサービスの利用を開始する予定だ。

これまで経費精算は、個人が支払った経費情報をシステムに入力後、印刷や捺印、領収書の添付などが必要だった。しかも、企業側は提出された申請の内容を確認して個人に経費を支払うなど、双方に手間と時間がかかっていた。経費関連処理作業をPayPayでの支払いとコンカーによる決済データ連携を通じて行うことで、時間や場所を選ばず経費精算が可能となる。

現在、PayPayの利用が可能な場所は全国に185万カ所以上となっている。街中の店舗だけでなく、タクシーや自動販売機、公共料金の支払いなど、さまざまな場所や場面で利用できるようになった。今回、新たに経費精算の機能が加わることによってPayPayで支払う機会をさらに増やしていく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます