彩風咲奈

宝塚歌劇団・雪組全国ツアー公演『炎のボレロ』『Music Revolution! -New Spirit-』が5月2日(土)から5月26日(火)まで上演される。彩風咲奈に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

今回の演目のひとつ『炎のボレロ』(作/柴田侑宏・演出/中村暁)は、1988年に星組の日向薫主演で上演され好評を博した作品を、32年振りに全国ツアー版として再演。舞台は1860年代フランス傀儡政権下のメキシコ。政府に抵抗して領地や財産を奪われ、家族をも失った青年貴族が、復讐の為そして祖国を取り戻す為に共和派の仲間達と共に立ち上がる姿を敵方の令嬢との恋を交えて描いた情熱的なミュージカル作品。彩風は「1988年の公演を映像で観て、まず、日向薫さんや紫苑ゆうさん、麻路さきさんといった男役の方々の格好良さに感動しました。台詞が美しく、ダンスシーンが多いのも見応えがありました。ヒロインとふたりで歌うシーンも多いので、宝塚らしいロマンスも見ていただけると思います。私は柴田先生の作品が大好きなので、身が引き締まる思いです」と語る。

もうひとつの演目『Music Revolution! -New Spirit-』(作・演出/中村一徳)は、世界各地の人々の生活の中で生み出され、育まれてきた「音楽」──ジャズ、ロック、ラテン、ポップス、クラシック…「音楽」には様々なジャンルがあるが、本作品ではその中での代表的なジャンルの「音楽」の起源から今日に至るまでの発展をテーマに「音楽」の持つ美しさと素晴らしさをダイナミックに届ける。伸びやかなダンスが魅力である彩風咲奈を中心に、2019年全国ツアー版よりリニューアルした形で新たな魂を吹き込み生まれ変わる。彩風は「いろいろなダンスと歌があり、演じる側もお客様も楽しめるところが魅力のショーだと思います。今回、“-New Spirit-”というタイトルが新しく付き、中村先生も前回と演出を変更したいと仰っていたので、また新たに楽しんでいただけると思いますし、どんな内容になるか私も楽しみです」と明かす。

今回の雪組全国ツアー、中でも埼玉の大宮は彩風にとって初めての場所。これを機に初めて観劇するという人にも「緊張せずに来て下さい!」とやさしく誘う。「“宝塚だから”といって畏まらずに、すぐそこにある夢の世界を楽しんでいただけたらと思います。全国ツアーでは、お越しくださったお客様全員で会場一体となって盛り上がっていただけたら嬉しいです」

撮影:宝塚歌劇団事務所

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます