障害物がない場合のペダル踏み間違い判定

トヨタ自動車は2月3日、コネクティッドカーから得られたビッグデータに基づき、ペダルの踏み間違いによる異常なアクセル操作を特定し加速抑制を行う「急アクセル時加速抑制機能」を開発したと発表した。この機能を、今年夏に発売する新型車から順次導入するとともに、この機能が入った、既販売車種向けの後付け踏み間違い時加速抑制システムを同時期に商品化する予定。

トヨタはこれまで、ペダル踏み間違いによる事故の抑止・被害軽減のため、新型車には12年からインテリジェントクリアランスソナー(ICS)を導入し、現段階で32車種、83%の車両に搭載している。また、既販売車種向けに、18年から後付けの踏み間違い時加速抑制システムを発売し、現段階で12車種に対応、約2万300台(19年12月末時点)に装着している。

これらの装置は、センサーで検知できるクルマや壁などの障害物がある場合の踏み間違い事故に対応している。一方、今回開発した機能は、障害物のない状況でも異常なアクセル操作時に加速を抑制することを狙いとしている。

今回の技術開発に当たって、まず実際の踏み間違い事故発生時に、アクセルペダルが全開で踏まれた状況を分析した。その踏まれ方の特徴を、コネクティッドカーから得られたビッグデータと照合。右折時や一時停止後など、ドライバーが実際に急加速を必要とする状況を除くことにより異常なアクセル操作状況を特定して割り出し、障害物がなくても加速を抑制する設定とした。

トヨタでは、現状のICSに「急アクセル時加速抑制機能」を組み合わせた際に、駐車場などでのペダル踏み間違い事故をさらに減らすことができ、特に踏み間違いによる事故を心配する消費者に有効だと予測している。なお、この機能の考え方については、ほかの自動車メーカーも含めて幅広く共有していく計画。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます