梅棒 10th Anniversary『OFF THE WALL』

ストーリー性のある演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPで創り上げるエンタテインメント集団「梅棒」による第10回公演『OFF THE WALL』が2月6日(木)、こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ(東京都渋谷区)で開幕した。第4回公演『クロス ジンジャー ハリケーン』(2015)以来4年ぶりに、梅棒のメンバーのみが出演する公演だ。

【チケット情報はこちら】

2001年に日本大学芸術学部のダンスサークル『BAKUの会(現:Dance Company BAKU)』内で結成された、梅棒。09年にストリートダンス界最大のコンテスト『JAPAN DANCE DELIGHT vol.16』で特別賞を受賞し、2012年に国内最大の振付作品コンテスト『Legend Tokyo chapter.2』で最優秀作品賞とオーディエンス賞を同時受賞。以降、活動の中心を劇場公演に移し、2018年度は2万5000人超の動員を記録。劇場公演以外でも、話題のテレビドラマやミュージカル、アーティストのライブやミュージックビデオなどの演出・振付を数多く手掛けている、いま注目の集団だ。

メンバー全員が30代になった今、選んだテーマは「小学生」。作・総合演出を担当する伊藤今人が「我々を生み、育んでくれた『昭和・平成』という時代への讃歌です」と語るように、本作では、昭和の名曲から、誰もが一度は聞いたことがあるであろう人気アイドルグループの平成のヒットソングなど、カーンコールも含め20曲以上が次々と流れる。

それらの“懐メロ”で表現されるのは、子どものころに全力で遊んだゲームや遊び、小学校の日常風景、そして少しのファンタジー。小学生に扮装したメンバーらが全力で踊り、表現するその姿を見ていると、懐かしさが込み上げてきたのと同時に、あの頃に感じたワクワクした気持ちやどこか切ない感情も蘇った。

伊藤は「僕らギリギリ昭和世代が子どもの頃は、J-POPが全盛で流行した曲はみんな知っていてみんな歌える時代でした。対して今は、国民全員歌えちゃうようビッグヒットは生まれにくい状況にあります。楽曲に限らず、あらゆるものを消費者側が選んで入手できるようになった現代において、幼い頃の”あるある”みたいなものも人それぞれ。今の子供たちは大人になった時の思い出話に花が咲きにくいんじゃないかなあって思ったりします」とコメントした上で、「令和になった今だから、そしてこの11人だけだからこそできる、ノスタルジーと馬鹿馬鹿しさに満ちた我々梅棒の全力投球を、ぜひ劇場で堪能してください!」と語っている。

公演は2月16日(日)まで。上演時間は約1時間45分(途中休憩なし)。出演は、伊藤今人、梅澤裕介、飯野高拓、鶴野輝一、遠山晶司、遠藤誠、塩野拓矢、櫻井竜彦、楢木和也、天野一輝、野田裕貴。チケット発売中。

取材・文:五月女菜穂
写真:(C)角田大樹

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます