ライアン・ロシター(宇都宮ブレックス)

いよいよ明日3月14日(土)に『B.LEAGUE 2019-20』が再開する。4月1日(水)までの『B1リーグ戦』及び『B2リーグ戦』の計131試合を無観客試合として開催するのだ。

【チケット情報はこちら】

B.LEAGUE大河正明チェアマンは「我々は秋に開幕し、春に終わるシーズン。5月9日(土)・10日(日)あたりに『CHAMPIONSHIP』を終えないといけない。そう考えると中止か無観客かを決断していかないといけない」と苦渋の決断だったことを明かした上で、「安易に無観客試合をやりたくないが、エンターテインメントの原点は観客に見てもらうこと。画面越しでもひとりでも多くのお客様には楽しんでもらいたいという想いがある」と語った。

現時点では4月4日(土)に通常開催の予定となっているが、今後の感染状況によって遅くとも4月2日(木)までに無観客の延長か通常開催かの判断を下すことになる。またさらなる状況悪化によって無観客試合も困難に陥りレギュラーシーズン60試合を消化できないチームが発生した場合は、その時点での勝率でリーグ戦の最終順位やポストシーズンの出場クラブを決定するという。『B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2019-20』もフォーマット変更を余儀なくされた。2勝先勝だった『SEMIFINALS』と『QUARTERFINALS』はそれぞれ一発勝負へ変更となり、5月11日(月)・横浜アリーナでの『B.LEAGUE FINAN 2019-20』で覇権を争う。

今週末ティップオフを迎える第28節のカードは以下の通り。

3月14日(土)・15日(日)開催『B1リーグ戦 2019-20』第28節
千葉ジェッツ×宇都宮ブレックス 船橋アリーナ
新潟アルビレックスBB×琉球ゴールデンキングス シティホールプラザ アオーレ長岡
大阪エヴェッサ×島根スサノオマジック おおきにアリーナ舞洲
サンロッカーズ渋谷×秋田ノーザンハピネッツ 青山学院記念館
三遠ネオフェニックス×富山グラウジーズ 豊橋市総合体育館
川崎ブレイブサンダース×レバンガ北海道 川崎市とどろきアリーナ
滋賀レイクスターズ×アルバルク東京 YMITアリーナ
京都ハンナリーズ×名古屋ダイヤモンドドルフィンズ ハンナリーズアリーナ
シーホース三河×横浜ビー・コルセアーズ ウィングアリーナ刈谷

3月14日(土)~4月1日(水)に行われるB1・B2のリーグ戦の全試合は『バスケット LIVE』にて無料配信することが決定。また『B1 リーグ戦』第28節は『スカパー!B リーグセット』、『DAZN』でも無料放送・配信する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます