これまでに、数多くの名曲、良曲を生み出してきたアニソンの世界。その中でも、洋楽アーティストによる楽曲が、その長い歴史に刻まれていることをご存知でしょうか?

決してその数は多くないものの、印象的な楽曲が多い"洋楽アニソン"の楽曲たち。超大物バンドの代表曲を引用したものから、実力派アーティストによる書き下ろし曲まで、特にオススメの楽曲をご紹介いたします。

ジャン=ジャック・バーネル『You won't see me coming』(『巌窟王』ED)

アレクサンドル・デュマの文学作品『モンテ・クリスト伯』をべースに、GONZOが新たな解釈を加えて映像化したアニメ作品『巌窟王』。

古典文学にSF設定を持ち込んだ斬新な世界観や、当時としては画期的だったテキスタイル的な切り貼りを用いた色彩表現など、その独特な作風とデザインは、コアなアニメファンの間でも話題となりました。

英国のパンクロック、ニューウェーヴシーンにおけるパイオニアの一人であり、The Stranglersのメンバーであるジャン=ジャック・バーネルが主題歌や劇伴に書き下ろしの楽曲を提供するなど、音楽面にも、その特異な作風は現れており、意外性のある大物アーティストの起用とそこから生み出された音楽の数々は、この作品の存在感をより一層印象深いものにしています。

ニューウェーヴ的な浪漫溢れるメロディが魅力の『We Were Lovers』も素晴らしいのですが、エンディング曲の『You won't see me coming』のロックなサウンドも捨てがたく、本稿では後者を紹介させていただきます。

美しもどこか脅迫的なニュアンスを感じさせるストリングスや浮遊感のあるシンセサイザーのフレーズに、バキバキと鳴り響く強靭なリズム感を有したベース音と耽美的なヴォーカルが一体となったこの曲は、まさに、"パンクロック"であり"ニューウェーヴ"の旨味がタップリと詰まったナンバーです。

高いインテリジェンスとパンクスとしての獣性が混在した内面を持つジャン=ジャック・バーネルというクリエイターの音楽性を端的に伝えてくれる楽曲といえるでしょう。

ウォーレン・ウィービー『Human Touch』(『機動新世紀ガンダムX』ED)

アメリカ人ヴォーカリストによるAOR的なナンバーで、歴代ガンダムシリーズ主題歌の中でも異色の楽曲。『機動新世紀ガンダムX』のエンディング曲として、シリーズの序盤と最終話に使用されました。

本作のエンディング曲は、先ず、全編英語歌詞によるこの曲のオリジナル・バージョン、続いて、歌詞を日本語に訳したカバー・バージョン、そして、終盤で使用された『銀色Horizon』と次々に移り変わっていったのですが、大人びた雰囲気たっぷりのこの曲が当時の視聴者層に残したインパクトは絶大でした。

今回、取り上げている楽曲は、そのほとんどが2000年代以降に作られた作品ですが、1996年に放映されたアニメ作品で英詞の曲を使用するという意欲的な試みが、如何に画期的なことであったかを今になって改めて思い知らされます。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー