ポップ・ミュージックを、その言葉と感性で支える「作詞家」という職業。

数多くの才能ある作詞家さんが、アニソンや特撮ソング、あるいは声優ソングの世界においても大活躍されていますが、その中でも、その特異な言語感覚や描写の巧みさ、そして、作品やキャラクターに深く入り込んだ歌詞世界でファンを魅了し続けているのが、藤林聖子さんです。

アニメや特撮ヒーロー作品のファンならば……否、ポップ・カルチャーに少しでも触れた経験のある方ならば、その歌詞を耳にしたことがない人は、この世の中にいないハズ!

藤林さんが生み出した数多くの名曲の中から、そのリリックの大ファンである筆者が、藤林作品の魅力を語りつつ、オススメの10曲をご紹介いたします。

きただにひろし『ウィーアー!』(『ONE PIECE』OP)

国民的人気を誇る少年漫画『ONE PIECE』。アニメ版の初代オープニング曲に使用され、こちらも絶大な人気を得る主題歌、それが『ウィーアー!』です。

アニソンの定番曲のひとつですが、実は、この曲の歌詞も藤林聖子さんのペンによるもの。そして、この曲を聴けば、その作詞家としての才能と魅力を端的に窺い知ることができます。

藤林さんが生み出すリリックの凄いところは、作品の世界観や登場人物のキャラクター性を丁寧に拾い上げ、それを言葉へと変換してみせる、その巧さにあります。

アニソンの歌詞を作る上で、最も大切で、それ故に最も難しい部分。それを的確に、尚且つ、作品やキャラクターへの愛情が感じられる程、見事に表現してみせる。だからこそ、藤林さんが作る歌詞は、アニメや特撮に強くフィットするのだと思います。

そうした作詞家としての強みと表現力の豊かさが、この『ウィーアー!』には溢れています。

東方神起やAAA、i☆Risなど、この曲をカヴァーしたアーティストも数知れず。また、こちらも藤林さんが作詞を担当した『ウィーゴー!』や、氣志團ときただにひろしさんによるコラボソング『ウィーキャン!』といった本曲の続編的なナンバーやアンサーソングも生み出され、『ONE PIECE』の世界を彩りました。

まさに、『ONE PIECE』に欠かせない超名曲です。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー