住吉STRANGERの「偏愛アニソン道」

【連載】けものはいても“のけもの”はいない!大石昌良の詞と曲に魅了される『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ」

住吉STRANGERがアニソンを語り尽くすコラム連載「偏愛アニソン道」第4回はアニメ『けものフレンズ』のオープニング主題歌『ようこそジャパリパークへ』を取り上げます。

©けものフレンズプロジェクト/KFPA

アニソンを語らせたら話が長くなるおじさん、住吉STRANGERがアニソンを語り尽くすコラム連載「偏愛アニソン道」第4回。アニメ『けものフレンズ』のオープニング主題歌『ようこそジャパリパークへ』をピックアップします。

2017年の冬アニメの中でも、最も意外な形で大ブレイクを果たした『けものフレンズ』。『ケロロ軍曹』などで知られる吉崎観音さんによる愛らしいキャラクターデザイン、各エピソード毎に、キャラクター同士が助け合うことで目的を達成していくという性善説的なストーリー、そして何よりも「フレンズ語」などと称される特徴的な台詞回しがヒットし、アニメファンの人気を集めています。

そんな『けものフレンズ』の世界観を賑々しく盛り上げてくれるのが、『ようこそジャパリパークへ』です。

アニメ本編と同様に、可愛く、ポップで、そして、ピースフルな曲調と歌詞が特徴のこの曲、その魅力にグッと迫ってみます!

ピアノを大々的にフィーチャーした「ピアノロック」なサウンドがたーのしー!

この曲で、作詞、作曲、編曲という曲の制作にまつわる全てを担当しているのが、大石昌良さん。大石さんは、ロックバンド「Sound Schedule」のフロントマンであり、同時に、ソロアーティストとして、また、Tom-H@ckさんとのユニット「OxT(オクト)」といった複数の名義を使い分けながら、アニメ作品の主題歌も手掛けるミュージシャンです。

カタカナ表記の「オーイシマサヨシ」としてリリースした『君じゃなきゃダメみたい』(『月刊少女野崎くん』OP主題歌)では、アニソンとしては珍しいファンクアプローチなラブソングを聴かせたりと、バンドマンならではの感性でクリエイトされたユニークな曲の数々をアニメファンに届けてくれています。

今回の『ようこそジャパリパークへ』も大石さんのアーティストとしての持ち味がタップリと味わえる、秀逸な楽曲です。

全体的にアップテンポなナンバーであり、『けものフレンズ』の陽性な世界観をそのサウンドで体現してくれているこの曲。その音の特徴を決定づけているのが、ジャイブ感に溢れた鍵盤の音色です。

ちょっとジャズ的なニュアンスも感じられるピアノのサウンドが曲の全体を通して躍動しまくり、リズムを、メロディを、そして歌をグイグイとリードすることで、リスナーを問答無用で「たーのしー!」気分にさせてくれます。

ポップなバンドサウンドに鍵盤の音をプラスした、「ピアノロック」なアニソンナンバーであり、また、曲の後半では、ハンドクラップ的なリズムやオペラチックなコーラスでアクセントを付けるなど、聴く者を引き付けて離さない構成の巧みさも光ります。

徹頭徹尾「ポップ」でありながらも、鍵盤を全面に押し出した作りや凝った構成に、ピアノをフィーチャーした名曲を数多く残したロックバンド、「QUEEN」の諸作品を反射的に連想した方も多いのではないでしょうか?

また、民族楽器を思わせる不可思議な音色を加えることで、『けものフレンズ』らしいトライバルなムードを演出するという一工夫も。これまた「たーのしー!」としか言いようがない、大石さんの作曲家としてのセンスがキラリと光る、素晴らしいギミックです。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

バックナンバー

アニメもフィギュアも♪ 人気の最新動画

     

撮り下ろし&濃密インタビュー

dummy

口を揃えて「難しかった」と語る『虐殺器官』ウラ話をたっぷりとお届け!

dummy

2.5次元舞台への想い、アイドルとしての自分――超ロング取材&写真満載!

 

 

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント