adidasは人気ブランド『adizero』シリーズの2018年春夏モデルの発売を記念し、1月21日にランニングイベント『adizero SPEED SUMMIT』を開催しました。

会場には箱根駅伝で4連覇を達成した青山学院大学陸上競技部のメンバーと、元マラソン世界記録保持者のウィルソン・キプサング選手(ケニア)が特別ゲストとして来場。会場は大いに盛り上がりました。

3㎞レースで予選、決勝を勝ち進め!

東京・神宮外苑で開催されたこのランニングイベントは、1.5㎞の特設コースを2周し、コース内に複数設置されたゲートを制限時間内に通過しなくてはいけないルール。参加者は各ゲートを通過できなければ失格となり、予選ですべてのゲートを通過できれば決勝へ進出となります。

また、参加者の力量に応じてLEVEL1~5まで5種類のレベルが設定され、ランニング初心者でも安心して楽しめるのが特徴。参加者は『adizero』シリーズ(※)の新作を試し履きすることができ、また参加賞として全員に『adidas RunnersオリジナルランニングTシャツ(またはシングレット)』が配られました。
※『adizero』シリーズ・・・「日本人ランナーを速くするために。」をコンセプトに、速さ、クッション性、フィット感、反発性などを追及した、トップ選手も愛用するモデル

豪華ゲスト陣がペースメーク!

そして何と言っても、大会のゲスト陣が豪華すぎる顔ぶれでした。

<ゲスト>
青山学院大学 陸上競技部
ウィルソン・キプサング選手(男子マラソン元世界記録保持者)
アディダス・ランニングアドバイザー 市橋有里さん
アディダス・ランニングアドバイザー 湯田友美さん

特に箱根駅伝で4連覇を達成したばかりの“アオガク”からは、箱根路を駆け抜けた10人のうち4区梶谷瑠哉選手、5区竹石尚人選手、6区小野田勇次選手、7区林奎介選手の4人が参加し、会場では黄色い声援が飛び交っていました。

途中、この4人とキプサング選手の囲み取材が行われたため、一部その様子をお届けします。
※全員この直前に予選レース(LEVEL5)を完走。約3㎞を8分10秒前後で走破している

このページが気に入ったら、フォローしてね!!