撮影:稲澤朝博

元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛がトリプル出演する話題の映画『クソ野郎と美しき世界』。本作は3人がそれぞれに出演する3つのエピソードと、3人が豪華共演陣“クソ野郎★ALL STARS”と一緒に一堂に会する最終エピソードからなるオムニバス・ムービー。

3人の持ち味と魅力が、彼らのことをよく知る、あるいは未知の化学反応を起こすだろう気鋭のクリエイターや映画監督によってどんな形で開花するのか? ファンはそこがいちばん気になっているに違いない。そこでここでは特にそこにスポットを当てて、彼らや監督、共演者のコメントを紹介していこう。

本当の僕は誰も知らないと思いますから(稲垣)

本作のオープニングを飾るepisode1『ピアニストを撃つな!』は、稲垣吾郎と、『冷たい熱帯魚』(11)、『ヒミズ』(12)、『新宿スワン』(15)などの奇才・園子温とタッグを組んだ幕開けに相応しいノンストップ・ラブファンタジー。

稲垣と言えば、三池崇史監督の『十三人の刺客』(10)では極悪非道の松平斉韶をクールに怪演。現在も香取慎吾主演の『座頭市 THE LAST』(10)のメガホンをとった阪本順治監督の新作『半世界』に主演が決定し、自他ともに認める映画通としても知られている。

そんな稲垣が、園子温監督とタッグを組むと聞けば、それだけで映画ファンならワクワクするに違いない。ふたりの出会いは、稲垣がホストを務めるバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』に園監督が『TOKYO TRIBE』(14)の宣伝を兼ねて出演したときにまで遡る。

撮影:稲澤朝博

「珍しいパターンですよね。番組のホストとして監督と最初にお会いして、1時間半ぐらいかかる収録の合間に映画の話をいろいろさせていただき、そのときに“監督の映画にぜひ出演させてください”というお願いをしたので、それが今回実現して本当によかったなと思います」。今回の撮影現場の都内某所で、撮影2日目の稲垣はそう嬉しそうに微笑んだ。

「しかも、昨日と今日は僕が演じる主人公の部屋のシーンを撮影しているんですけど、部屋にはピアノがあるし、真っ赤な薔薇の花も飾ってあって。僕の好きなものに囲まれた空間で撮影しているので、すごく癒されます(笑)」

それもそのはず。何しろ稲垣が本作で演じているのは天才ピアニストのゴロー、つまり自分自身なのだ。

「あまりそこは考えてなかったけれど、確かに(香取)慎吾ちゃんもepisode2で慎吾ちゃんを演じているし、不思議な感覚です。ただ、僕たちの世界は普段から稲垣吾郎が稲垣吾郎を演じているようなところがあるので、そんなに違和感はなくて。

僕をアテて台本を書いてくださっているのは分かりますし、こういう風に見られているんだという発見もありましたけれど、劇中のゴローは本当の僕ではないし、本当の僕は誰も知らないと思いますから(笑)」

それを受けて、脚本も担当した園監督が続ける。

撮影:稲澤朝博

「今回はこれまでの吾郎ちゃんのイメージを尊重しつつ、ちょっとキワドイ描写もしていて。初っ端からシャワーシーンで始まりますからね(笑)」。そのコメントを、稲垣が「そうなんですよね」と笑顔で受け継ぐ。

「自分の中では、今回の作品はいままでの僕のパブリックイメージや、やってきたことを超える挑戦。自分もまだ知らない自分を見せることができたらいいなという気持ちで演じています」

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます