撮影:稲澤朝博

元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛がトリプル出演する話題の映画『クソ野郎と美しき世界』。本作は3人がそれぞれに出演する3つのエピソードと、全員が共演する最終エピソードからなるオムニバス・ムービー。

3人の新たな魅力が気鋭のクリエイターや映画監督によってどんな形で開花するのか? ここでは特にそこにスポットを当てて、撮影現場の模様や彼らと監督、共演者のコメントを紹介していく。

俺、光栄だなと思いましたよ(太田)

草なぎ剛が主演するepisode3『光へ、航る』は、かつては暴力的だったオサムとその妻が、失われた息子の右腕を探しながら沖縄の海まで旅を続ける異色のロードムービー。

草なぎが主人公のオサムを、その妻を『そして父になる』(13)、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)などの尾野真千子が演じているが、このパートの最大のトピックはお笑いタレントである爆笑問題・太田光が脚本と監督を担当していることだ。

2月14日(水)、埼玉県某所で公開された本作の撮影現場では、妻役の尾野も「今回は台本で出演を決めてないですね。太田さんがこの台本でどんな演出をするんだろう? 草なぎさんが太田さんの演出でどんなお芝居をするんだろう? というところに面白さを感じたんです」と強調する。

撮影:稲澤朝博

それを受けて、草なぎが続ける。

「僕らも太田さんに歌を書いてもらっているし、太田さんは本も書かれているので、芸術的なセンスは抜群の方だと思っています。それに長くおつき合いをさせていただいてますけど、太田さんの毒舌は優しさの裏返しですし。

監督としての太田さんとお仕事をするのは初めてですが、さっき尾野さんとのセリフのかけあいのリハーサルをしたら、ちゃんと監督の顔になっていたので、これからの撮影が楽しみになりました(笑)」

撮影:稲澤朝博

ふたりから絶大な信頼を寄せられている太田だが、今回、監督のオファーがあったときには「俺、光栄だなと思いましたよ」と振り返る。

「この映画は、3人が新しく旅立ついちばん重要なところにあるものじゃないですか。3人が掲げた『新しい地図』の始まりとなる映画の監督のひとりに僕を選んでくれたわけですから、それは素直に嬉しかったですね」

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます