韓国テレビ番組ガイド&情報 ドラマ&K-POP、バラエティ

【インタビュー】パク・シフ、「演技とは一生をともにする親友」

2013.12.16 12:45

パク・シフ×ムン・グニョン主演のラブコメディ『清潭洞<チョンダムドン>アリス』が、KNTV(CS他)にて12月21日(土)より日本初放送スタート。同作で、これまで演じてきたキャラクターとは異なる、一風変わった御曹司・スンジョを演じ、コミカルな演技で話題を集めたパク・シフに話を聞いた。

パク・シフ 
拡大画像表示

――本作を選んだ理由を教えてください。
以前の作品の中にも、若干コミカルなポイントが必要な部分がありましたが、『清潭洞<チョンダムドン>アリス』のチャ・スンジョは、単純なコミカル演技ではない、喜怒哀楽を含んだウィットのあるキャラクターが魅力的でした。感情の幅がとても広く、多様な姿をお見せできるという自信がありました(笑)。

――思い切ったコミカルな演技で話題になりましたが、スンジョ独特の“壊れた演技”はどのように誕生したのですか? 演出家と相談したのか、ご自身で考えたのか、何かを参考にしたのかなど教えてください。
壊れた??? 壊れていてもカッコ良くなかったですか?(笑)

序盤では、台本に沿ったコミカルな演技をしていたとするならば、後になればなるほど、チャ・スンジョと同化していき、現場で僕自身も気づかないうちにアドリブが出てきたんです。そのような姿を脚本家の方が見たり、聞いたりして、次の回には、それを反映してくれるといったふうに、チャ・スンジョは作られていきました。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント