左より、花村想太さん(Da-iCE)、中川大志さん、小野賢章さん 撮影:稲澤朝博

4月27日に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が劇場公開。7月には、全米で空前の大ヒット、マーベル・スタジオ史上最高傑作と言われる『ブラックパンサー』がパッケージとして発売、6月には配信がスタートしています。

そこで今回、 “マーベルヒーローが大好き”という中川大志さん、花村想太さん(Da-iCE)、小野賢章さんの3人で熱くマーベル愛を語る「マーベル男子会」が実施されました。

熱くマーベル愛を語り、話が尽きない様子で盛り上がった「マーベル男子会」。さらに、それぞれどのマーベルヒーロータイプなのかなど、お話を伺ってきました!

会場は、IDC大塚家具・新宿ショールームに展開されていた、マーベルの家具や日用雑貨で彩られたマーベルサロンのスペース(※現在は終了)。登場した3人は、「カッコイイ……!」「こんな部屋にしたい」など、早速テンションが上がりまくり! 並んでいるマーベルアイテムを眺めます。

トークを始めようとソファに座っても、目の前のテーブルにあるフィギュアに手を伸ばすなど、グッズに興味津々の様子。早くもマーベル愛が伝わってきます。

撮影:稲澤朝博

この日はファッションもマーベルデザインでコーディネート。中川さんと小野さんは、『ブラックパンサー』のWAKANDA TシャツとロングスリーブTシャツをそれぞれ着用。花村さんはデニムジャケットのインナーに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のオールスターTシャツで、「これを着た時、強くなった気がしました」とアピールしました。

マーベルヒーローへの愛が止まらない!

――マーベルとの出会いは?

撮影:稲澤朝博

小野:僕は、前からずっと気になってはいたんです。ただ、すでにいろいろな作品があって、“アベンジャーズシリーズ”も始まっていたので、なかなか入るきっかけがなかったんですね。

でも、当時仕事を一緒にしていたスタッフさんの中にマーベル好きの方がいて、「いま出ているBlu-rayを全部持っているから、貸してあげるよ」と言ってくれて。それで貸してもらったのがきっかけで、一気に集中して観たのを覚えています。

その方から毎年誕生日プレゼントには大きなマーベルヒーローのフィギュアを貰うので、いまコレクションが増えています。

撮影:稲澤朝博

花村:僕は『アイアンマン』が始まりです。『アイアンマン』『ハルク』『アイアンマン2』と観ていって、『アベンジャーズ』に行きました。

マーベル作品の魅力は、“正義と悪”両方に共感できるところ。それぞれに自分なりの正義があるっていうところにとても共感しました。例えば『シビル・ウォー//キャプテン・アメリカ』でも、キャプテン・アメリカ(以下、キャプテン)の正義があれば、アイアンマンの正義があったり。アクション映画で登場人物みんなに共感できるのは、あまり他にはないことで、そこが一番ハマったきっかけです。

撮影:稲澤朝博

中川:僕も最初に『アイアンマン』を観たのがきっかけで、そこから『アベンジャーズ』を父と一緒に観に行きました。当時<日本よ、これが映画だ>というキャッチコピーでよくCMが流れていたんですけど、本当に衝撃的で。

いろんなヒーローたちが一同に会して一緒に戦うって、男の子にとって夢じゃないですか。ヒーローものを観ていて、「あのヒーローとあのヒーローが一緒に戦ったらどうなるんだろうな?」って、誰でも考えると思うんですよ。それが映画の中で実現していて、本当に興奮しましたね。

作中で「なるほど、そうやって協力するのね」っていう戦い方が出てくるので、そこからそれぞれのヒーローの作品をおさらいしていきました。

花村:僕は『アイアンマン』に関しては、たぶん30回くらい観ていますからね(笑)。

小野:それは勝てない(笑)。でも、どんどん敵が強くなっていくのも面白いですよね。だから『アベンジャーズ』を観た後に『アイアンマン』を見返すと、もうちょっと強い敵が出てこないかな?と思ったりする。

中川:スーツも毎回進化していって、変身方法が変わっていくのもいいですよね。

花村:あと、伏線を張っていたりするから、エンディングの後も気になる作品だなと思います。

中川:そうですね、最後まで見逃せない。

花村:エンドロールが流れた後に映像があって、次の作品への伏線をそこで見られるのが、またひとつの楽しみですよね。