緑豊かな那須ハイランドパークは、栃木県にある巨大遊園地。

ジェットコースターから大型観覧車まで遊園地の定番アトラクションのほか、この夏には恐竜アトラクションが3つ登場しています。

今回は、猛暑の暑さも忘れるようなリアルな恐竜に出会えるアトラクションから、羊やフクロウというような動物と触れ合える動物園など家族連れで楽しめるイベントまでレポートいたします。

大人から子供まで楽しめる恐竜映画『ジュラシック・ワールド』も公開され、サンシャイン60展望台でも「恐竜くんプロデュース 恐竜スカイミュージアム~鳥は恐竜だった!~」という恐竜にちなんだ企画が開催されるなど、すっかり夏の定番化した恐竜イベント。

恐竜にちなんだアトラクションがこの夏にオープンしたという那須ハイランドパークに、恐竜好きの娘を連れて遊びに行ってきました!

迫りくるティラノザウルス! 3Dシアターからトロッコに乗って恐竜探検まで!

恐竜に会えるアトラクションなら、那須ハイランドパークも負けてはいません。

恐竜が住む世界にトロッコ型の乗り物に乗って探検に出かける『DINOWORLD(ディノワールド)』、恐竜の誕生から絶滅などクイズ形式で解いていくウォークスルー展示イベント『DINOSAUR ADVENTURE TOUR(ダイナソーアドベンチャーツアー)』、3Dメガネを着用し、恐竜たちがスクリーンから飛び出してくる3Dシアター『DINO SAFARI(ディノサファリ)』と、恐竜が存分に楽しめるアトラクションが勢ぞろいしています。

まるでシネコンの映画館のような『DINO SAFARI(ディノサファリ)』では、入り口で渡された3Dメガネを掛けて観ることで、スクリーンに映し出される恐竜たちが飛び出してきます。

舌をこちらに出してペロペロと舐めてくるティラノザウルスの姿は、迫力十分! あまりのリアルな息遣いに、娘は怖くて3Dメガネを外してしまうほど。

入れ替わりで随時上映されているので、タイミングが良ければ並ばずに観られます。

まだ小さくて並ぶのが苦手な子は、上映開始時間を意識して立ち寄るようにしてみては。

屋内アトラクションのため、館内は冷房が効いて涼しい! 日中に涼むのにもお薦めです。

ゆったりとしたソファは、子どもも気に入っていました。

『DINOSAUR ADVENTURE TOUR(ダイナソーアドベンチャーツアー)』は、意外と知っているようで知らない恐竜の種類や大きさなど、恐竜の生態にまつわる謎をクイズ形式で解いていきます。

館内には、リアルな恐竜の模型たちが順々に展示されています。

わからないことがあれば、アトラクションのクルーに聞いてみて!

クイズの答えがわからなければ、恐竜の説明をよく読んでみて。

クイズに全問正解すると、恐竜博士に認定されて、最後に記念品が貰えます!

アトラクションの最後には、イベントにちなんだ恐竜グッズが並ぶオフィシャルショップにつながっています。

ハイランドパークでしか売っていない、恐竜グッズもあるのでよくチェックしてみて。

子どもたちが大好きなライド型アトラクション 『DINOWORLD(ディノワールド)』は、サファリ風のトロッコに乗り、恐竜が生きていた世界に旅に出ます。

トロッコには恐竜のマークがデザインされていて、娘のテンションも上がります。

トロッコは、安全バーなどもなく速度がゆっくり進むので、恐竜をじっくり観察することができますよ。

ブラキオサウルスがいっぱい!

最初はおとなしい草食恐竜たちがお出迎え。長い首を持つブラキオサウルスやトリケラトプスのかわいらしい姿に、娘も大喜び!

草食恐竜に気を取られていると、激しい肉食恐竜たちのゾーンに突入。暗闇に隠れているティラノザウルスの姿は、怖がってママの方に抱き着いてくるくらいリアル。

最後は恐竜たちが絶滅したゾーンへ。骨だけになった恐竜の姿を見て、なにやら悲しそうな様子の娘。

これだけ夢中になって楽しめるのは、子どもが興味がある恐竜ならでは。

外にはディロフォサウルスの姿が!
「ハピママ*」更新情報が受け取れます