前回のNegiccoアルバム2枚一挙レビュー『”2015年の主役”を完全攻略! 新作『Rice&Snow』+名盤1stアルバム計26曲超徹底レビュー』、お読みいただきありがとうございました!読者のみなさんの反応も大きくやはり今Negiccoキテる!という実感を強くしました。さて、今回は予告通り、Negiccoによる初の恵比寿リキッドルームワンマンをレポートしたいと思います。先月25日のライブということで少し時間がたっていますが、その分じっくり見ていきましょう。

恵比寿リキッドルームと言えば、数々のアイドルグループ/アーティストがワンマンライブを開催してきた場所。逆に言うと、リキッドルームの集客に、そのグループの現状が如実に表れる、とも考えられます。Negiccoが初ワンマンライブを開催したこの日、恵比寿リキッドルームは超満員!フロアの横スペースも完全に開放して、それでもパンパンになっています。

8月に開催されたNegiccoとEspeciaのスペシャルユニットNegipeciaの東京公演も、恵比寿リキッドルームでした。かなり沢山お客さんは入っていましたが、ここまでパンパンではなかったような…。もちろんコラボとワンマンという違いはあれど、たった4か月でこれだけの成長ぶりは目をみはるばかり。Especiaがメジャーデビューしたのもこの4か月の間ですし、いやはや、アイドルシーンは動きが早い!

 

そして、今回楽しみなのが、今回のライブは生バンド+Negiccoという編成ということ。自分自身Negiccoの生バンドライブは初めてで、期待に胸が膨らみますね。満員のリキッドルームにSEが鳴り響き、場内は大歓声に包まれていきます(追記:こちらのSE、ユメトコスメ長谷泰宏さん作曲の「Make Up Prelude」とのご指摘がありました)。毎回このオープニングSEを聴く期待感は格別です。そして、ステージやってきた今日のNegiccoは、チェック柄の衣装!リキッドにチェック衣装で、思わず2009年のAira Mitsukiライブを思い出しました…。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます