フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(WDW)のEPCOTで長年愛されてきたショー「IllumiNations: Reflections of Earth」が2019年に終了することが発表されました。

終了後には新たな夜のショーがスタートします。

約20年のロングラン

「イルミネーションズ:リフレクションズ・オブ・アース」は、EPCOTで1999年から若干形を変えながらも公演され続けてきた夜のショー。

世界各国のパビリオンが集まるワールドショーケースの中心にある大きなラグーンで公演されています。

演者は登場せず、セリフもなし。

パイロと花火、そしてラグーン中央に現れる大きな地球型のスクリーンに映る映像のみで、時を超えた壮大な物語が描かれます。

感動的なストーリーの表現力もさることながら、大迫力の花火も魅力。

こんな規模のショーを毎晩公演するなんてさすがアメリカ…というど迫力の火薬量です。

圧倒的な迫力に仰け反りながらも、壮大な物語に思わず涙する、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートを訪れたら必ず観たいショーです。

日本人にも人気が高く、2018年の「ディズニー・オン・クラシック」ではショー全編を演奏。

ショー後に流れる音楽「We Go On」は、東京ディズニーシーのカウントダウンで蛍の光の代わりに歌われたこともありました。

そんな人気のショーが2019年夏、ついに終了することが発表されました。

「イルミネーションズ:リフレクションズ・オブ・アース」終了後は新たな夜のショーがスタートします。

どんなショーになるのか、こちらも楽しみですね。

As to Disney artwork, logos, and properties: ©︎Disney

プーや/poohya。フリーライター、ウレぴあ総研ディズニー特集サブディレクター。パークから映画、テレビまで国内外の「ディズニー」に関する現象を追いかけ記録するサイト「舞浜横丁」(maiyoko.com)を運営。くまのプーさんに異様な愛を注ぐ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます