©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 (C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

2018年10月26日(金)から開催中の「カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」。

CLAMP原作、少女マンガ雑誌『なかよし』(講談社)で1996年から2000年まで連載され、その後2016年に16年ぶりに連載が再開、2018年に新たなアニメシリーズが放送された『カードキャプターさくら』。

この世に災いをもたらすといわれる「クロウカード」を回収するためカードキャプターとなった木之本桜の活躍を描いた物語です。

今回は『さくら』のキュートな世界観をたっぷり味わえる展覧会の模様を取材してきました!

『カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-』メインビジュアル

『カードキャプターさくら』のファンタジックな世界感が満載!

会場に入ると、まず待っていたのはケルベロスの表紙の「クロウカード」の本など大きな書物が並ぶ「はじまりの書庫」。作品でも、お父さんの書庫で不思議な本を発見してさくらの冒険が始まりましたが、展覧会も不思議な書庫からスタートです。

©CLAMP・ST/講談社(C)CLAMP・ST/CCSE

さくらの親友・知世のアトリエに見立てたコーナーでは、知世がさくらのために作ってきた数々のコスチュームを展示。

©CLAMP・ST/講談社(C)CLAMP・ST/CCSE

どれもかわいらしくて、「ほえ~」と見とれるばかりです…

©CLAMP・ST/講談社(C)CLAMP・ST/CCSE

大阪弁がトレードマークの人気キャラクター・ケロちゃんは、ビッグサイズで登場。大きくてふわふわなケロちゃんに触ったり、撮影もできます。

©CLAMP・ST/講談社(C)CLAMP・ST/CCSE

「クロウカード」「さくらカード」「クリアカード」ら、作品に登場する魔法のカードを一度に見ることができるカードの間。不思議なカードたちが神秘的な雰囲気を放ちます…

©CLAMP・ST/講談社(C)CLAMP・ST/CCSE

「魔法にかけられた美術館」のタイトル通り、最初から最後まで『さくら』の世界の素敵な魔法がちりばめられた展覧会。メインとなる原画も、CLAMP先生による美しい絵の数々を前後期合わせて約200点楽しむことができますよ。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます