【VIXX】初の横アリ単独公演に1万5000人熱狂! 独特な世界観で引き込んだライブのソロステージに注目【画像満載】

韓国出身の6人組ボーイズグループ、VIXX(ヴィックス)が4月9日、神奈川・横浜アリーナで単独コンサート「VIXX LIVE FANTASIA in Japan [UTOPIA]」を開催。12日の神戸・ワールド記念ホール公演との計3公演で1万5000人を熱狂させた。

VIXX ©CJ E&M, Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc. Photo by 田中聖太郎 
拡大画像表示

韓国出身の6人組ボーイズグループ、VIXX(ヴィックス)が4月9日、神奈川・横浜アリーナで単独コンサート「VIXX LIVE FANTASIA in Japan [UTOPIA]」を開催。12日の神戸・ワールド記念ホール公演との計3公演で1万5000人を熱狂させた。

本公演は3月28日のソウルからスタートしたツアー「VIXX LIVE FANTASIA [UTOPIA]」の日本公演で、VIXXにとっては2度目となる日本での単独コンサート。

ヴァンパイアやサイボーグなど、ファンタジックなコンセプトを取り入れ人気を高めてきた彼らだけに、全編を通して、悪の組織により生み出された6人のサイボーグ(?!)が自分なりの[UTOPIA=理想郷]を発見し、人間らしさを手に入れるという、ファンタジックなストーリーで構成されており、VIXX独自の世界観を表現した。

ライブは、『傷つく準備ができてる』『呪いの人形』というヒット曲からスタート。『Time Machine』や『Rock Ur Body』での楽しいステージから、『ハイド』『奇跡(Eternity)』『Error -Japanese Ver.- 』などコンセプチュアルな代表曲まで、アンコールを含め24曲でファンを魅了した。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント