なんとも妖艶! エロスで美しい“妖怪アート”と“幻の31階”を堪能してきた【写真満載】

2015.8.18 20:15

汐留にあるパークホテル東京・31階フロア。遠くは海外から“このホテルに泊まりたい!”と殺到しているといいます。そんな、“日本の美意識”を堪能できるホテルで、なんとも妖艶な妖怪アートを楽しめる「YOKAI TOUR」展に参加してきました!

100体以上の“妖怪”がズラリ
圧巻のアート作品に酔えるホテル

「このホテルに泊まりたい!」

遠くは海外から、汐留にあるパークホテル東京・31階フロアの客室に宿泊するためにやってくる人々がいる。

「日本の美意識が体感出来る時空間」をコンセプトに掲げたパークホテル東京では、31階の客室全てアーティストが装飾するプロジェクト「Artist in Hotel」が進められている。

現在、17の部屋と喫煙所が、アーティストたちの手がけた作品として変貌を遂げており、アートの中で滞在できるホテルとして注目を集めているのだ。

そんなアーティスティックなホテルで、この夏開催されているのが「YOKAI TOUR Ⅱ - 古今東西妖怪 - YOKAI - 大集合! - 」展である。

25階から34階まで吹き抜けのアートラウンジに、100体以上の〈妖怪-YOKAI-、妖精、モンスター〉にまつわる作品が展示される。

夜には、高さ約30メートルの壁面に、展示作品をモチーフとしたプロジェクション・マッピング映像も投影される予定。

さらに、「YOKAI TOUR Ⅱ」展 特別イベントとして「YOKAI TOUR Night 2015 妖怪アートに囲まれる“Freak out(怖がる、パニくる)”夏祭り」が行われた。

ホテル25階にある都心最大級の約40メートルに及ぶ吹き抜けのラウンジで、大壁面プロジェクトマッピング映像や、DJによる音楽を楽しみながら、フード&ドリンクを片手に妖怪アート作品に触れることができる……。一夜限りの妖怪テーマパークだ。

妖怪たちの宴に足を踏み入れてみよう!

エレベーターを上がり、イベント会場受付のある25階に登ってくると、首のロングな日本女性がお出迎えしてくれた。

かの有名なろくろ首さんだ。その名のとおり“首をなが~く”して、我々を待っていてくれたようである。

受付嬢はろくろ首さん? いきなりの妖怪登場に『ちょっと怖いな……」と、ビクビク。すると「受付はこちらです!」と、爽やかなお兄さんとお姉さんたちが出迎えてくれた。

受付は妖怪じゃないのねと、ホッとしたのもつかの間。何だかホテルの従業員さんの様子がおかしい……?

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング