©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートに2019年5月31日、新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープン!

エリアと同時にオープンするアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」の内容を世界最速レポートします。

ミレニアム・ファルコン号を操縦できるアトラクションの中身、Qライン(待ち列)のこだわりまで徹底レポート!

スター・ウォーズの世界で自分の冒険が楽しめる

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、銀河の辺境にある惑星「バトゥー」を舞台に、『スター・ウォーズ』シリーズの世界にゲストが入り込める最新のエリア。

2019年5月31日にオープンする「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」は、ミレニアム・ファルコン号を操縦できるアトラクションです。

時代設定はエピソード8『最後のジェダイ』の後。

チューバッカはファルコン号を修理するため、バトゥーの宇宙船基地ブラック・スパイア・アウトポストを訪れます。

修理に必要な部品を調達するのと引き換えに、ファルコン号を密輸業者のホンドー・オナカーに貸し付けます。

ホンドーは荷物を運ぶ乗組員を募集、ゲストはホンドーの依頼を受け、ファルコン号に乗り込み操縦します。

ミレニアム・ファルコンを操縦!

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

ゲストは6人毎にグループになり、ファルコン号のコックピットに乗り込みます。

パイロット、射手、航空機関士が2名ずつ。

パイロットは左席が左右、右席が上下を担当。協力しながら宇宙船を操縦し、損傷を受けないように障害物を避けます。

射手はブラスターやミサイルを使用して、相手を攻撃したり障害物を壊して損傷を避けたりします。

航空機関士はシステム管理や損傷部分の修理、ホンドーが加えた“特別な改良点”をコントロールしながら、宇宙船がバラバラに壊れないように努めます。最後に相手のカーゴを回収する重要なミッションもあります。

操縦によってライドが実際に動き、映像も連動。

チームの働きによって展開が変わる、非常にインタラクティブなアトラクションです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます