【嵐】2005年“ブレイク前夜”時代を覚えてる? ある手紙から読み解く「10年前の嵐」の姿

2015.12.13 10:30

今年2015年の11月3日でめでたくCDデビュー16周年を迎えた嵐。しかし、今ほどの人気が昔からあったわけではありません。今回は“とあるきっかけ”から紐解かれた「10年前の嵐の姿」を、当時のジャニーズシーンの動きも交えて振り返ります。

1

昨年デビュー15周年という区切りの年をハワイの記念ライブで華々しく飾り、今年2015年の11月3日でめでたくCDデビュー16周年を迎えた嵐。この16年で日本のトップアイドルの座にまで駆け上がったと言っても過言ではないほどの人気を得た彼ら。しかし、今ほどの人気が昔からあったわけではありません。

2005年、相葉くんの初単独主演作となった舞台『燕のいる駅』。今でも他人事ではない、環境汚染や戦争問題が背景の2085年を設定とした舞台で、会場では、愛知県の博物館明治村と提携し、10年後の自分に手紙を贈る“タイムレター”企画を実施。それがついに先日手元に届いたという人もいるでしょう、10年の時を超えて!

舞台の内容のように、どうなってしまうかわからない未来について考えるきっかけを与えてくれる企画だと思うのですが、観劇前に書いて持って行った自分の手紙の内容は、とってもお気楽。

「書くことが特にないから近況報告するよ」と、当時の嵐以外のすっかり忘れていたジャニーズ事情まで書いてくれていたので紹介します。あなたも懐かしいと思うはず!

2005年、『ごくせん』でKAT-TUN人気が爆発!

筆者自身ではあまり感じていなかったのですが、現在から考えると2002年~2006年あたりは嵐低迷期だよね、と周りから言われることも。この頃のコンサートは横浜アリーナやさいたまアリーナで、初単独ドーム公演にはまだあと2年もあるんです。ウィキペディアなどをみても、ここらへんの時代はまとめられて書かれていますしね……。

さて、嵐がそんな感じだった頃、世の中に吹き荒れていたのはKAT-TUN旋風! 2005年1月に放送されたドラマ『ごくせん』第2シリーズのヒットで、主演の仁亀人気が爆発! 『ごくせん』からのファンが“ごく出”と言われるほど、ファンが急増! “ごく出”とか懐かしい! 手紙を見るまで思い出しませんでした、この言葉。さらに同じ年の4月から放送されたドラマ『anego』で仁がお姉さま方のハートを鷲掴みにし、人気はうなぎのぼり!

先日、『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2015』の生放送中に、田口くんが来年春をもってKAT-TUNを脱退することを表明しました。まさか、結成当初から3人も抜けることになるとは、この頃想像すらしていません。4人になったKAT-TUNは、良い楽曲も多くバランスが取れているように見えていたので、筆者もショックを受けました。KAT-TUNは来年デビュー10周年。支え続けてくれたファンと、笑顔で素晴らしいアニバーサリーイヤーを過ごせることを心から願います。

そしてこの年は、関ジャニ∞が2枚目のシングル『大阪レイニーブルース』を発売、珍しく握手会が緊急開催されたのです。筆者も握手会に向かい、めでたく目当てのすばるとヒナ(ヨコは別レーンでした)と握手できました。

そんな当時の自分に、「今の村上くん(ヒナ)は、ひとりでMCを務める番組がいっぱいあるし、CMにもたくさん出てる! すばるはこの前の主演映画『味園ユニバース』が素晴らしかったよ」と、現在の彼らの活躍を伝えてあげたい!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング