【バービー人形】これぞ究極のハーレム! “自分だけのバービー天国”を作ったおじさんの展覧会がヤバい【写真満載】

僕だけの、永遠の、楽園――。バービー人形との共存がテーマの、オリビエ・ルビュファ写真展「地上1フィートの王国」がヴァニラ画廊にて開催されました。フェチ心くすぐられる、バービーたちとの競演。その模様をレポートします!

僕だけの、永遠の、楽園。

この様にキャッチコピーが付けられた、オリビエ・ルビュファ写真展「地上1フィートの王国」が11月16~28日まで東京・銀座にあるヴァニラ画廊にて開催されました。
バービー人形との共存という魅惑の世界観が気になった私は、今回取材に行ってきました。

オリビエ・ルビュファ写真展「地上1フィートの王国」/
11月16日(月)~11月28日(土)銀座・ヴァニラ画廊

オリビエ・ルビュファ写真展「地上1フィートの王国」オリビエ・ルビュファ写真展

バービー人形との共存がテーマ

時は、11月26日。開館時間である正午直後に、現地に赴きました。
ヴァニラ画廊は地下鉄銀座駅より10分程歩き、オフィス街の一角にあるビルの地下2階にあります。平日の昼間でありながら、ひっきりなしに人が来ていました。

オリビエ・ルビュファさんはフランス人写真家。着せ替え人形のバービー人形と同サイズにリサイズした自らの肖像を用いて、彼女たちとの共存をテーマにした物語性のあるコラージュ作品をこれまで発表してきました。

オリビエ・ルビュファ紹介文

オリビエさんとバービーたちの住む舞台は、散歩道や美術館での日常的な生活のワンシーンから西部劇・神話・宗教画など多岐に渡ります。

また、大病を患った以降は、舞台を医療や介護の場へと移して自らの死生観を色濃く投影した、より私的な作風に変化しています。

2058
PietaPieta
「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング