アニメ、特撮、プリキュアも!? ニチアサの天才音楽クリエイター・高取ヒデアキのオススメ楽曲ベスト10

特撮作品やアニメ作品を中心に、歌手として、そして、作曲家としても大活躍されている高取ヒデアキさん。高取さんが手掛けた珠玉の名曲たちの中から、厳選した10曲を紹介しつつ、その魅力を探ってみます!

高取ヒデアキ名曲10選トップ画像

現在好評放送中の記念すべき第40作目となるスーパー戦隊シリーズ最新作『動物戦隊ジュウオウジャー』。

動物をモチーフにした個性的なギミックの数々や、獣人の"ジューマン"を主人公に据えるという斬新なアイデアも楽しい『動物戦隊ジュウオウジャー』ですが、その主題歌にも注目をしていただきたいと思います。

本作の主題歌を歌うのは、戦隊ヒーローファンにはお馴染みのシンガー・高取ヒデアキさん。歌手として以外にも作曲家として、アニメや特撮作品に数々の名曲を提供している凄いクリエイターです。

そんな高取さんの音楽的魅力を探りつつ、高取さんが手掛けた楽曲の中から厳選に厳選に重ねた10曲を紹介させていただきます。

『動物戦隊ジュウオウジャー』(動物戦隊ジュウオウジャー)

歌・作曲:高取ヒデアキ/作詞:藤林聖子/編曲:籠島裕昌

高取さんの最新作『動物戦隊ジュウオウジャー』は、動物をモチーフにした戦隊ヒーローの主題歌らしく、野性味に溢れたパワフルな楽曲。"特撮シンガー"としての高取ヒデアキさんのソウルフルなヴォーカルが最高に気持ち良い特撮ソングです!

前奏のターザンコーラスから、高らかに歌い上げるAメロを挟み、ジュウオウジャーのモチーフとなっている動物の名前を大迫力の低音と共に繰り出すBメロへと大胆にチェンジ。そして、メロディアスなサビへと移行するダイナミックな構成も、この曲の大きな魅力となっています。

そして、この曲を更に盛りたてるのが、こちらもパワーに満ちた金管楽器のサウンドです。ホーン・セクションを担当するのは、高取さんも所属しているブラスロックバンド「Z旗(ゼットキ)」。このZ旗によるホーンの音が、トライバルで大陸的な楽曲のイメージを更にスケールアップしてくれています。

あらゆる世代にストレートに届く歌声とメロディ、ビートが一体となった、まさに40作目というメモリアルなスーパー戦隊に相応しい主題歌です。

高取さんの最新モードにして、新たなる代表曲となりそうな『動物戦隊ジュウオウジャー』。平成ライダーの主題歌でお馴染みの作詞家、藤林聖子さんによるヒロイックな歌詞も完璧です!

『Sand Mission』(砂ぼうず)

歌:高取ヒデアキ/作曲:武藤良明/作詞:吉元由美/編曲:籠島裕昌

『動物戦隊ジュウオウジャー』の主題歌でも存分にその魅力が発揮されているように、高取サウンドの大きな持ち味の一つとなっているのが「ホーン・セクション」の存在です。

熱い高取さんの歌を更にパワーアップしてくれる、エネルギッシュなホーン・セクション。そんなホーンのサウンドを最大限に味わうことができるのが、『砂ぼうず』前期オープニング曲の『Sand Mission』!

この曲が使用されていた『砂ぼうず』は、2004年から2005年にかけて放映されていた深夜アニメ。砂漠化した未来世界を舞台に、人間性は最悪ながらも腕は確かな便利屋・水野灌太(みずのかんた)が、あの手この手の悪知恵を駆使し、したたかに生き抜く姿が痛快なアクションアニメでした。

下卑た性格のアンチヒーローである灌太を演じる鈴木千尋さんの好演や、激中のお下劣ギャグの数々も印象的なアニメでしたが、その主題歌は、屈折しまくった作品性に反して、非常にストレートなロックナンバーが使用されています。

『Sand Mission』は、数ある高取ナンバーの中でも、ホーン・セクションが全面的に押し出された楽曲であり、重厚な管楽器の音圧により、メロディの力強さが2倍にも3倍にも強化されたそのサウンドは、まさに"ブラスロック"という呼称がシックリとくる豪快な楽曲です。

尚、高取さんは『砂ぼうず』において、エンディング曲『砂ぼうず絵描き唄』の歌唱も担当。こちらは、『Sand Mission』とは方向性をガラリと変えたユーモアたっぷりのコミックソング。コミカルなトーンによる高取さんの歌声を味わうことができますので、ファンならばこちらも必聴!

『Alright! ハートキャッチプリキュア!』(ハートキャッチプリキュア!)

歌:池田彩/作曲:高取ヒデアキ/作詞:六ツ見純代/編曲:籠島裕昌

高取ヒデアキさんの作曲術において特にユニークな点が、特撮ヒーロー作品で"燃え"系の楽曲を作る一方で、可愛らしくポップなナンバーも同時に手がけているところ。

そうしたアンビバレンツな魅力を持つ高取さんの作曲家としての真髄が最大限に発揮されているのが、一連のプリキュア関連の楽曲でしょう。

高取さんは、歴代のプリキュアシリーズで数多くの主題歌やキャラクターソングに参加し、作曲を手掛けています。

そして、数多ある名曲たちの中から、先ずはこの曲をチェックして欲しい……と真っ先にオススメをしたいのが、この『Alright! ハートキャッチプリキュア!』です。

この曲は、ポップなソングライターとしての高取さんの持ち味がキラリと光る大名曲。そのタイトル通り、キャッチーなメロディに、可愛らしいコーラスが加わり、とても幸せな音の世界が広がります。

歴代プリキュア主題歌の中でも、メロディのパワーが強く感じられる曲であり、熱い歌声を聴かせてくれる特撮シンガー、アニソンシンガーであると同時に、優れた作曲家である高取さんの音楽的センスの奥深さを味わえる一曲です。

『Alright! ハートキャッチプリキュア!』という作品自体も、「人間の心」から怪物が生み出され、それをプリキュアが浄化することで人間を救済する……という、以降のシリーズでも継続される物語のフォーマットを確立させ、"ヒューマン・ドラマ"としての側面が強く押し出された大名作。

その感動的なストーリーを大いに盛り上げてくれたのが、この『Alright! ハートキャッチプリキュア!』なのです。綺羅びやかでエモーショナルなメロディを是非とも体感していただければと思います。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント