気になる男性が相手だと、送るLINEにもついつい気合いが入ってしまいませんか?

こちらが良かれと思って送っているLINEも、実は男性からは嫌がられていることも……。

そこで今回は男性が嫌うLINEと、男性が求める“神対応LINE”について紹介します。

男性が嫌うLINEはこの5つ

1: 質問を繰り返される

好きな人と「少しでも長く会話をしたい」と思うのは、当たり前のこと。

しかし、質問ばかりのLINEに男性はうんざりしている可能性もあります。毎回のようにLINEで質問をされれば、質問を受ける男性はプレッシャーに感じるものです。

それこそ好きがバレバレで「重い」と思われている可能性もあります。

2: 相談ごとばかり

男性は「頼られるのが好き」という性格の方も多いものです。

しかし、毎回の相談事となれば、別問題。毎回のように暗いジメジメとした相談をされれば相談を受ける方も気分が落ち込んでしまいます。

相談を持ちかけることで「信頼している」というアピールをしているのなら別の方法を考えましょう。

3: 長文のLINE

好きな人に「自分をもっと知ってほしい」と考えるのは普通のことです。

それゆえ、多くの情報をLINEに詰め込んでしまう方も多いでしょう。毎回のように長文のLINEが送られてくるとなれば、読む方もかなりのボリュームになります。

仕事終わりに読むことも考えて、なるべく簡潔にまとめたいですね。

4: 突然スタンプだけ送られてくる

送る内容がなくても「好きな人と話したい」と思うことは自然です。

しかし、スタンプだけ送られてきても「どうすればいいか分からない」ということも多く、結局相手もスタンプしか送り返せないことがほとんどでしょう。

そうなると「何をしたいかよく分からない」とLINEで既読スルーされてしまうことも多くなります。

5: 返信が異様に早い

返信が異様に早いと「いつもスマホばかりいじっている」というイメージがついてしまいます。

また、既読機能は便利な反面プレッシャーに感じる方も多くいますから「既読をつけられると早く返事を返さないと」という使命感を感じてしまう男性もいます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます