女の告白は「問いかけ」で勝負!プロポーズにも使える、グッとくるセリフ集

最初からストレートな言葉で決断を迫ると、少し引いてしまう男性も多数。彼が自分の気持ちに素直になれるように、「問いかけ」を入れることが大切だ。以下の例を参考に、自分なりの告白を考えてみよう!

【告白編】
・あなたと何度かデートして、すごく楽しかった。もっと仲良くなりたいな。嫌じゃなければ、次の恋人ができるまで、恋人気分を味わわない?

・このまま友達のままでいるのはつらいな。彼氏になってくれたら嬉しいんだけど、どうかな?

【プロポーズ編】
・親が「彼氏がいるなら連れておいで」って言うんだけど、まだちょっと早いと思う?

・親もあなたを気に入っているし、若いうちに子どもも作りたい。あなたにとって、私は単なる彼女?それとも、将来的に結婚したいって考えてる?

『3カ月でプロポーズさせる銀座ママの極上テクニック』
田辺まりこ(著)
Amazonで購入

男性であれ女性であれ、告白する場合にその成功率を左右するのは、当然ながらその人自身の魅力。容姿を磨くことも大切だが、特に「結婚」を意識するときには、内面的な魅力がより重要になる。愛される女性の特徴とは?

「“デートのお金は男性が払うのが当然” と思っているような人は、いいパートナーに恵まれません。男性だけに金銭的な負担を押し付けず、食事の割り勘はもちろん、自分がごちそうしてあげるくらいの気持ちを持って。その上で“苦しいときはお互い様だから、気にしないでね”と男性を立てる気遣いのある女性が、最後に勝ちます」

告白に使えるセリフとともに、魅力的な女性になるための方法も後述。銀座のテクニックを学んで、彼の心をガッチリつかもう!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます