好きな相手からの手作りは喜ばれる!彼氏向けチョコ

手作りは恋人限定で!

最後は恋人向けチョコの選び方について。恋人と初めてのバレンタインを過ごす女性、恋人と付き合って間もない女性は必読です。

「やはり手作りは、好きな相手が手間暇をかけてくれた感があるので、男性からは非常に喜ばれます。ガトーショコラやトリュフは人気ですよ。または、ふたりで食べられそうなものを作るのもあり」

手作りチョコを渡してもいい相手は、恋人限定! 無闇に手作りをするのは危険だと心得て。

「市販のものを買う場合は、ゴディバのようなネームバリューがあるものがいいでしょう。ちょっと高級感のあるものは特別な感じがしますね。ラッピングで可愛くするのもおすすめです。メッセージカードが付いていて嬉しかった、という人もいますよ。高額な必要はなくて、ちょっとかしこまった雰囲気が出せればOK」

しかし、「LOVE」と描いた手作りチョコを渡した後、破局した恋人もいるそう……。恋人との現在の関係性をもとに、渡すチョコを吟味したいものです。感謝のきもちであればいいですが、愛情の押し付けになってしまっては、元も子もありません。

そのほかの注意点としては、「あまり冒険せず、無難なチョコを選びましょう」と菊乃さん。男性は食べ慣れていないものだと驚いてしまうだけで、あまり喜んでくれない可能性があるそう。「えっ、ナニコレ?」となって、食べてくれないとなると残念ですよね。予想できない味のチョコはやめておきましょう。バレンタインデーが良き日になりますように。皆さんのチョコ選びの参考になれば幸いです。


【お話を伺った恋愛コラムニスト】
菊乃さん・・・恋愛エッセイスト・セミナー講師。女を捨てて仕事一筋だった28歳までは非モテな人生を歩む。「このままだと一生ひとりだ」と危機感をおぼえてから女磨きをスタート。その過程をブログ「モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト」で公開したところブレイクし、翌年からモテ期に突入。理想の彼氏も登場した。ブログからの恋愛相談が増えてセミナー業を開始し『いつの間にか自分に合う人がいつも隣にいるようになる本』『ほんのちょっと変わるだけで素敵な男性が手をさしのべてくれる本』を出版。2011年に独立しベストパートナープロジェクトを立ち上げる。セミナーは現在三ヶ月待ち。ブログ公式サイトもチェック。

フリー編集者・ライター。岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます