実際に作ってみた

バニラビーンズのつぶつぶが見える

では、実際に作ってみます。

クリームは冷凍ではなく、店舗で直接絞り袋に入れて箱に詰めてくれます。そのため、解凍時間なども必要ありません。

作り方が丁寧に書かれています

作り方の紙を見ながらいざ挑戦です!

コック帽を被って準備万端!

2歳の子でも着られます

まずは手をしっかり洗って、付属のコック帽と紙エプロンを…と思いきや、娘は「かぶりたくない、着たくない!」と拒否。

どうやらいつものお菓子作りとは違い、本格的すぎて恥ずかしくなってしまったよう。難しいお年頃です。

母としては帽子をかぶって張り切る姿を見たかったのですが、楽しく作ることが一番!ぐっと我慢して衣装はスキップしました。

紙エプロンは首元で結びます

それを見ていた2歳の息子が着たがったので、着せてみるとニコニコに!

コック帽は子どもの頭に合わせてサイズを調節できるようなシールがついていたので、まだお手伝いできない小さな子でもちょっとしたパティシエ体験ができますよ。

シュー生地にクリームをギュッ!

絞り口はなく、袋を直接切ります

付属の絞り袋の口を切り、あらかじめ開いていた底の穴にクリームをぎゅぎゅっと絞ります!

少し手を添えて手伝いました

簡単な作業ですが、娘はとっても楽しそう。

クリームを入れる前は25g前後

作り方の紙にはグラム数の目安(75〜79g)が書かれていたので、はかりを用意して確認しながら作ってみます。

入れすぎても壊れませんでした

しかし中には100g超えの大物も…。これは手作りならではの贅沢シュークリームです!

大幅にオーバーしたシュークリームがあったものの、クリームが途中で足りなくなることはありませんでした。

最後に余ったクリームを一気に出してクラッカーにつけてつまみ食いするなど、アレンジもできそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます