「彼氏は元美容師で、職場で出会い付き合って同棲を始めました。彼氏はその後に美容師を辞めて、飲食店で働くようになっていました。

私は美容師を続けていたので、お互いサービス業ということで平日に休みを合わせて仲良くやっていたんです。浮気なんてまったく疑っていませんでした。

私はたまたま美容院に業者の方が来るとのことで閉店後の練習がなくなり、早く帰れた日があったのですが、最寄り駅のスーパーに寄って帰ろうとしたところ、彼氏と知らない女性が手をつないで歩いているところを発見しました……。

彼氏は普段から意見を一方的に押しつけてくるなど、弁が立つ男性です。現状だけだと言い訳されて終わるだけだと思い、もっと証拠を残そうと後をつけていくと、女の自宅らしき場所に入っていったのです。

私は手つなぎカット、マンションに一緒に入るカットをスマホに収めつつ、2人が入ったマンションのインターホンを押して、その女性に彼氏を呼び出してもらいました。

そしたら、焦った彼氏は『彼女は男性不信で、リハビリに付き合っていた』と。

女性も私も同時に『は?』と言ってしまいました。

怒り狂う女性に追い出されて、帰り道に私に必死で言い訳する彼氏の姿は情けなかったですね」(27歳/美容師)

同棲中だったためそこから1か月ほど同居状態が続き、彼氏はその間も別れたくないと駄々をこねていたそう。無視を続けたことで彼氏の心は折れて、静かに居なくなったとのこと。

男女問わず、咄嗟の言い訳では突拍子もないことが飛び出してしまうのはよく聞く話。まずは誠意のある謝罪が言い訳より先なのは間違いないですよね。

フリーのライター・編集者。出版社で10年働いたのち独立。得意ジャンルは街ネタ、恋愛。お酒が大好き(ほぼ酔わない・酒豪)で、取材相手を飲みの席で見つけることが多い。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます