【愛犬を可愛く撮影する方法】基本の日の丸構図なら失敗なし

愛犬を撮影し、出来上がった写真をみては「あれ?うちの子はもっと可愛いはずなのに」と思うことありますよね。「やっぱりプロのカメラマンじゃないと素敵な写真は無理なのかも」と諦めてしまっていませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、スマートフォンで失敗なく愛犬の可愛い写真が撮影できます。

今回は、実際にスマートフォンで撮影した写真と共に、上手に撮影できるコツとNGな方法をご紹介します。

フォトギャラリー【21枚】愛犬を可愛く撮る!スマホ撮影のコツとNGな方法
  • 【愛犬を可愛く撮影する方法】仕上がりを意識しないとごちゃごちゃした写真に
  • 【愛犬を可愛く撮影する方法】全体的に暗い写真だとパッとしない印象に
  • 【愛犬を可愛く撮影する方法】瞳にキャッチライトが入るとイキイキとした表情に
  • 【愛犬を可愛く撮影する方法】カメラ目線は音の出るおもちゃやおやつで誘導
  • 【愛犬を可愛く撮影する方法】わざと目線を外せばお洒落な写真に

失敗しがちなNGの撮影方法

「愛犬が可愛く撮影できなかった」という時にありがちな、NGな撮影方法を解説していきましょう。

仕上がりをイメージせずに撮る

【愛犬を可愛く撮影する方法】仕上がりを意識しないとごちゃごちゃした写真に

なにも考えずになんとなく撮影すると、背景がごちゃごちゃして愛犬が目立たなかったり、撮影者の影が映り込んでしまったりして残念な写真になってしまいます。

背景をスッキリとさせるだけでも、いい感じの写真になりますよ。

また、愛犬が甘えたり遊んだりしたい時に、長い時間我慢させて撮影するのもNGです。つまらなくなってしまい、表情がイマイチの写真ばかりになってしまいます。

そんな時はあえて一度撮影をやめて、愛犬のための時間をつくってあげましょう。遊んでいるシーンの撮影に切り替えるのもいいですね。

全体的に暗い写真になってしまう

【愛犬を可愛く撮影する方法】全体的に暗い写真だとパッとしない印象に

室内など明かりの少ない場所や逆光で撮影すると、全体が暗くなり愛犬の表情も沈んでみえがちです。

明かりを意識するだけで、グンと雰囲気のいい写真になります。

愛犬を可愛く撮りたい!基本の撮影テクニック

まずはこれだけ抑えればOK!可愛い写真にするための基本のテクニックをご紹介しましょう。

ピントは「愛犬の瞳」を意識して

【愛犬を可愛く撮影する方法】瞳にキャッチライトが入るとイキイキとした表情に


スマホは細かいピント調整はできませんが、できるだけ愛犬の瞳を意識します。アップの時はカメラに近い方の目に合わせましょう。

明るい場所で、顔を上に向けて撮影すると瞳にキャッチライトが入ります。

瞳がキラキラするとイキイキとした表情になるので、愛犬の可愛さが一気にアップ!

愛犬のカメラ目線をゲットする方法

【愛犬を可愛く撮影する方法】カメラ目線は音の出るおもちゃやおやつで誘導

大好きなおやつをカメラの横にもって目線を誘導したり、音の出るおもちゃで注目してもらうとカメラ目線の写真が撮影できます。

集中力は長く続かないので、シャッターを押す瞬間に音を出すようにしましょう。

お洒落な感じで撮影したい時には、あえて目線を外すのもオススメです。

写真が苦手な子にはノーファインダー撮影で

【愛犬を可愛く撮影する方法】愛犬と目を合わせてあげると安心した表情に

カメラを向けると緊張してしまう場合にはノーファインダー撮影がおすすめです。

画面(ファインダー)で構図を確認したら、あえて目線を愛犬にうつして撮影します。

飼い主さんと目が合うため、リラックスした表情の写真を撮影できます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます