フォトギャラリー各機能を使ってみた!ニトリ「1台7役キッチンツール」フォトギャラリー
  • 【ニトリ スライサーザルボウルセット】180ccが入るマグカップと比べてみました
  • 【ニトリ スライサーザルボウルセット】フタをあけるとスライサーが出てきます
  • 【ニトリ スライサーザルボウルセット】スライサーの刃を左上の土台にカチッとはめて使います
  • 【ニトリ スライサーザルボウルセット】スライスは矢印の方向にのみ
  • 【ニトリ スライサーザルボウルセット】レモンをスライスしていきます

ピーラーやおろし器、ザルにボウルとタッパーなど…どんどん増えていくキッチンアイテム。出番はそんなに多くないけど、ないと不便。しかし収納場所がなくなっていく、という悩みをかかえている人は多いはず。

そんな悩みをすべて解決してくれるアイテムが「ニトリ」から登場しました!スライス・千切り・おろし・水切り・和える・保存までのすべてが、この1台で叶うんです。

今回は、そんなスペシャルなアイテム「スライサーザルボウルセット」を徹底レビューします!

【ニトリ】1台7役でコンパクトに収納できるスライサーザルボウルセット/1,290円(税込)

【ニトリ スライサーザルボウルセット】何ができるのか?がパッケージを見ればひと目で分かります!

ニトリの「スライサーザルボウルセット」は、スライス・千切り・細切りができるスライサーとして使えるだけでなく、野菜などの水切りや食材を和えるなど、ザル・ボウルとしても使えます。

さらに、フタを閉めるとタッパーのような保存容器になり、ふたの裏側はおろし器として使用できます。

大きさは、幅31×奥行20.9×高さ11cm。180ccマグカップ4つ分くらいの大きさです。

【ニトリ スライサーザルボウルセット】フタをあけるとスライサーが出てきます

フタを開けると、スライサーと替え刃、水切りのできるザルが入っています。

収納する際は、スライサーの刃などを容器にまとめて収納しておけるので便利だと思う一方、保存容器として容器を使用している際は、スライサーの収納には少し困りました。

刃がむき出しになっているので、引き出しに閉まっておくなど安全面での考慮が必要です。

スライサーは一方向にしかスライスできませんが、スライスする方向に矢印がついています。矢印も見やすく、スライスする時も間違えてしまうことがないので、嬉しい配慮だと思いました。

実際にスライスしてみると...

続いては、7つの機能をそれぞれ紹介していきます。まずは、レモンをスライスしてみます。

スライス用の刃をセットし、矢印の方向に向かってレモンをスライスしていきます。

切れ味がかなり良く、力を入れなくてもスムーズにスライスできました。

【ニトリ スライサーザルボウルセット】実の向こう側が透けてみえるほど薄くスライスできました

1枚1枚はかなり薄く、厚さ3mmくらいです。厚さの調整ができないのは難点かもしれませんが、薄くスライスするのが一番難しいので、簡単にこんなに薄いスライスレモンができるのは嬉しいです。

千切り用の刃をセット

続いては大根の千切りに挑戦します。千切り用の刃をセットし、皮を剥いた大根を千切りします。

こちらもレモンのスライス同様、力を入れなくてもスムーズに千切りでき、切れ味も抜群でした。

また、ボウルは滑り止めが付いているので、千切りをしている時もボウルが動いてしまうこともなく、使いやすかったです。

【ニトリ スライサーザルボウルセット】千切りをした大根

仕上がりはかなり薄い千切りになりました。シャキシャキ感の残る、大根サラダのような千切りがよければ、後ほど紹介する細切りでやってみると良さそうです。

ただ、1本1本が細く薄いので、キャベツの千切りはふわふわに仕上がりそうだと思いました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます