上)間宮:吹越満、右上)岡田トオル役:成河、右下)岡田トオル役:渡辺大知 撮影/田中亜紀

舞台『ねじまき鳥クロニクル』が11月7日(火)に東京・東京芸術劇場プレイハウスで開幕。このたび舞台写真とダイジェスト映像、演出家・出演者によるコメントが到着した。

本公演は、世界的に評価される村上春樹の同名長編小説を豪華クリエイター陣が舞台化した創造性豊かな意欲作で、2020年に初演された。妻のクミコと共に平穏な日々を過ごしていた主人公・岡田トオルが、猫の失踪や謎の女からの電話をきっかけに、奇妙な出来事に巻き込まれ思いもよらない戦いの当事者となっていく様が描かれる。

フォトギャラリー舞台『ねじまき鳥クロニクル』場面写真をもっと見る
  • 左から)岡田トオル役:成河、赤坂シナモン役:松岡広大、赤坂ナツメグ役:銀粉蝶
  • 舞台『ねじまき鳥クロニクル』
  • 舞台『ねじまき鳥クロニクル』
  • 舞台『ねじまき鳥クロニクル』
  • 左から)牛河役:さとうこうじ、岡田トオル役:成河

成河と渡辺大知がふたりで岡田トオルという人間の多面性を表現

上)岡田トオル役:渡辺大知、下)岡田トオル役:成河 撮影/田中亜紀

主演を務めるのは成河と渡辺大知。ダブルキャストではなく、ふたりで岡田トオルという人間の多面性を演じる。成河はその身体性で“壁抜け”をした潜在意識世界で妻を見つけ出す戦いをまさに全身で表現。

小説から抜け出したような自然体のトオルを演じる渡辺は、心の葛藤を鮮烈な歌に乗せて観客の心を打つ。

“死”への興味を持つ風変わりな女子高生・笠原メイを演じる門脇麦は、印象的な澄んだ声と歌で原作のヒロインといえるメイを体現。16歳の少女が感じる“この世界”への違和感を繊細に見せていく。

笠原メイ役:門脇麦 撮影/田中亜紀

圧倒的な悪として存在する綿谷ノボル役は、初演で衝撃的なダンスシーンを見せた大貫勇輔と、バレエダンサーとして世界的に活躍し現在は俳優としても多くの舞台に出演する首藤康之がダブルキャストで演じる。

トオルを不思議な世界へ導く加納マルタ・クレタ姉妹役は、昨年退団した宝塚歌劇団で娘役として歌・ダンス・芝居の技量が高く評価された音くり寿が新たに挑む。

さらに初演でこの壮大な物語をクリエイターと共に創り上げた松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ、吹越満、銀粉蝶が再演でも演じ・歌い・踊り、表現する。

またインバル・ピントによる唯一無二の振付を、加賀谷一肇、川合ロン、東海林靖志、鈴木美奈子、藤村港平、皆川まゆむ、陸、渡辺はるか、8名の表現力豊かなコンテンポラリーダンサーが魅せる。

音楽は世界的な即興演奏家の大友良英が担当。バンドが奏でる生演奏は、単なるBGMではなく、心情や叫びなどを楽器の音色で表現している。

東京公演は11月26日(日)まで同所で上演。その後12月1日(金)から3日(日)に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、12月16日(土)・17日(日)に愛知・刈谷市総合文化センター大ホールで上演される。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます