4、途中で返信を一時中断する

「やりとりが盛り上がっている最中、意外なところで返信が途絶えてしまったとき。翌朝『ごめん、寝てた!』と来たときは、可愛いなと思っちゃいました」(27歳/保険)

夜は相手を「どうしたのかな?」とソワソワさせ、朝になると「なんだ、寝てたのか(笑)」と、ほのぼのとした気持ちにさせる効果がありそうです。

 

 

5、ときどき方言を出す

「地方出身の彼女。上京して2年ほど経つみたいですが、LINE中でも話している最中でも、ときどきポロッと方言が出るんです。わざとじゃないとわかるので、萌えちゃいますね」(28歳/出版)

不意に飛び出してしまう方言は、可愛い隙の象徴。地方出身者であれば、意識的に取り入れてみるのもアリ。ただし、不自然なほどやり過ぎるのは禁物です。

ちょっとした隙は男性の「イケそう!」という気持ちを後押しし、積極的なアクションを起こすきっかけとなります。LINEでやりとりをする際には、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。


●今回お話を聞いたのは…
伊藤春香(はあちゅう)さん
ブロガー・作家。広告代理店にコピーライターとして勤務したのち、トレンダーズに転職。著書多数。最新刊『恋愛炎上主義。』が大好評発売中。6月23日には女性限定イベント「ちゅうあい会」が予定されている。

 

フリー編集者・ライター。岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます