左から 小林沙羅(ツェルリーナ)、高橋絵理(ドンナ・アンナ)、鷲尾麻衣(ドンナ・エルヴィーラ) 左から 小林沙羅(ツェルリーナ)、高橋絵理(ドンナ・アンナ)、鷲尾麻衣(ドンナ・エルヴィーラ) ※高橋の「高」ははしごだか (公財)富山市民文化事業団

井上道義が総監督・指揮、森山開次が演出・振付を手掛ける歌劇『ドン・ジョヴァンニ』が富山オーバードホールで1月20日に開幕した。

【チケット情報はこちら】

スタンディングオベーションの中、初日を終えた井上は「賭けに勝ったよ!“演出を踊りの方がやる”、“日本語でモーツァルトのオペラをやる”という賭けに。本当に、素晴らしい初日だった。舞台はこれからもどんどん伸びていくでしょう。僕も東京で新しいオーケストラで練習して頑張りますし、この初演の緊張感がすべての公演に現れるよう、みんなで頑張っていきます」と笑顔で話した。

森山も「このお話をマエストロからいただいたのが、もう1年以上前の話。それからずっと『ドン・ジョヴァンニ』を聴き続け、すっかり『ドン・ジョヴァンニ』オタクになっています。初日は、本当にパワフルで素敵でした。自分も踊り出していってしまいそうになるのをグッとこらえて(笑)あと3公演、頑張っていきます!」とコメントした。

全国共同制作プロジェクト モーツァルト歌劇『ドン・ジョヴァンニ』はこの後、1月26日(土)・27日(日)東京芸術劇場、2月3日(日)熊本県立劇場にて行われる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます