ニコン D780

ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D780」を1月24日に発売する。日本での予約販売受付は、1月9日10時に開始する予定だ。価格はオープンで、税込みの実勢価格は27万5000円前後の見込み。

D780は、進化したAFシステムをはじめ、プロフェッショナルモデルから引き継いだ高い性能や多彩な機能を搭載したデジタル一眼レフカメラで、「ニコン D750」(14年9月発売)の後継。

ファインダー撮影用に51点AFシステムを搭載。ライブビュー撮影には、「ニコン Zシリーズ」に採用したハイブリッドAFシステムをD780用に最適化し、ニコンのデジタル一眼レフカメラとして初めて搭載している。ファインダー撮影時、ライブビュー撮影時ともに、さらに高度なAF性能を発揮する。

ファインダー撮影時の位相差AFを採用した51点AFシステムには、フラッグシップモデル「ニコン D5」(16年3月発売)のAFアルゴリズムを最適化して搭載し、被写体検出性能を高めた。さらに、進化したアドバンストシーン認識システムによって、動体追尾性能も向上している。

また、ニコンのデジタル一眼レフカメラとして初めて像面位相差AFを採用。ライブビュー撮影時には、像面位相差AFとコントラストAFを状況に応じて自動的に切り換えるハイブリッドAFシステムが、撮像範囲の水平、垂直約90%の広範囲をフォーカスポイント273点でカバーする。動画撮影時にスムーズで高精度な追従性能を発揮するほか、静止画撮影時に瞳を検出してピントを合わせる「瞳AF」がポートレート撮影の自由度を大幅に高める。

有効画素数2450万画素、像面位相差AF画素搭載の裏面照射型CMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 6」を採用。最高常用感度ISO 51200を達成し、高感度でも解像感を保ちながら効果的にノイズを低減する。

また、4K UHD対応のHLG(Hybrid Log-Gamma)方式のHDR動画撮影にも対応。シャッタースピードは、1/8000秒から最長900秒(15分)まで露光時間を設定することができる。バッファメモリも大容量化し、最高約7コマ/秒の高速連続撮影時に14ビットロスレス圧縮RAWでもD750の約4倍となる約68コマの連続撮影が可能となった。

動きの速い被写体の撮影から瞳AF機能を使ったポートレート撮影、色彩豊かなHDR動画撮影まで、幅広い撮影領域でクリエイティビティを発揮したいユーザーの創作意欲に応えるモデルとなっている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます