ショップジャパンを展開するオークローンマーケティングは、食材を入れてボタンを押すだけでご飯とおかずを同時に調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」を1月15日に発売した。

左右の鍋で異なる調理ができるため、例えばご飯とカレーを同時に調理できる。また、付属の蒸しプレートを使えば煮込み料理など、最大4品を一度に調理することができる。

ご飯なら4合、カレー約6皿分が調理できる。ボタンを押すだけのクイックメニューも10種類を搭載。火加減や時間を自動で調整できるほか、自由に設定できる手動調理機能にも対応する。公式サイトの通常価格は税別で2万4800円。本体サイズは幅410×高さ210×奥行き300mm。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます