MoGo Pro

プラススタイルは、ポータブルプロジェクターとして「MoGo Pro」(出品者がビーラボ、メーカーがXGIMI)をIoTショールーム「+Style」で1月28日に予約受付を開始、2月6日から発売する。価格は、MoGo Proが7万4800円。なお、エントリーモデルの「MoGo」(価格は4万4800円)も発売する。

MoGo Proは、フルHD(1080p)の解像度を投影できる高画質性能と、Harman Kardonスピーカー搭載による高音質性能を両立。サイズは約94.5×146×105.5mmと、長辺(146mm)であっても現在主流の6インチ級スマートフォンの高さ(140~150mm前後)とほぼ同等で、高性能をコンパクトに凝縮した。

加えて、1万400mAhの大容量バッテリを搭載し、いつでもどこでも迫力あるエンターテインメントコンテンツが楽しめる。省エネモード時には、映像を最大4時間投影できるほか、音楽を最大8時間再生できる。

上位モデルのMoGo ProとエントリーモデルのMoGoは映像出力の性能が異なる。MoGo Proが1080p、MoGoが540pの解像度で、30~100インチクラスの映像投影が可能。また、明るさを表す単位「ルーメン」の平均値を定めた「ANSIルーメン」は、MoGo Proが300ANSIルーメン、MoGoが210ANSIルーメンとなっている。

さらに、両製品ともオートフォーカスの検出ポイントが1万カ所に及び、数秒で自動的にフォーカスを調整する。また、特許取得済みの「Smart keystone補正」によって垂直方向に±40度まで自動的に補正する。

音質面では、Harman Kardonとの協業で3W出力のスピーカーを2基搭載。バランスの良い音楽体験が可能で、ポータブルスピーカーとしても使用できる。

CPUに「Amlogic T950X2」、GPUに「MaliG31」を採用し、2GBのRAMと16GBのストレージを搭載。OSは「Android TV」で、大画面に最適化したユーザーインターフェースで快適にコンテンツが楽しめるほか、Android TV向けGoogle Playストアで4000を超えるアプリが自由にダウンロードできる。また、リモコンにマイクを搭載し、Googleアシスタントによる操作も可能。

Bluetoothによる音声出入力デバイスやキーボードなどと接続できるほか、HDMIによる最大4K解像度の映像入力、USB 2.0の外部ストレージ接続、Chromecastによるミラーリングなどが可能となっている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます