お付き合いも長くなると、彼氏に直してほしいところが一つ、二つ……と出てきますよね。

しかし、男性はプライドが高いので、傷つけないように伝えることはとても気を遣うため難しいこと。

そこで、彼氏を傷つけず直してほしいところを伝える具体的な言葉とNGな伝え方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

彼氏を傷つけず、直してほしいところを伝える言葉とは?

1: 「そう言えば……」

直してほしいところがあったとしても「実は付き合い始めた頃から……」とせず「今思った」ように伝えるだけで柔らかい言い回しになります。

「前から嫌がられていた」と思うと男性が落ち込んでしまうからです。

例えば、男性の爪が伸びていて清潔感がないと思っているのなら「そう言えば、ちょっと爪長すぎない?」とたまたま気づいたように伝えてみてください。

「爪が長すぎる!」と言うより「目についたから」と思わせた方が男性も傷つきません。

また苦手な自慢話が始まったら、まず「そう言えば、私そういう話よくわからないんだよね」と言って「ごめんね」とするだけで、スッと引いてくれたりするでしょう。

2: 「○○してくれたら嬉しい」

きちっと「ここを直して」と伝えたい場合は、具体的に言った後に「そうなると嬉しい」と加えるだけで「それなら!」と思わせることができます。

いつもデートに遅れてくるのなら「デートの時、待ち合わせ場所に居てくれたら嬉しい」と伝えるだけで「今度は早く来よう」と考えを改めてくれるでしょう。

また、彼氏がデートコースを任せきりなら「一緒に考えてくれたら嬉しい」と言って「じゃあ、そうするよ」と返ってきたら「すごく助かる」とニコっとするだけで効果抜群となります。

彼氏なら彼女であるあなたを「喜ばせたい」と思うので「嬉しい」「助かる」のワードが入っているとやる気になってくれます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます