4《出会い Encounter.1944》 Copyright Credit: All M.C. Escher works © the M.C. Escher Company B.V. - Baarn -the Netherlands. Used by permission. All rights reserved. www.mcescher.com

日本初公開作品も。“視覚の魔術師”エッシャー、12年ぶりの大規模個展

ミラクル エッシャー展
2018年6月6日(水) ~7月29日(日) / 東京都 / 上野の森美術館

2018年6月6日(水)から7月29日(日)まで、上野の森美術館にて「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」が開催される。

“視覚の魔術師”と言われる、マウリッツ・ コルネリス・エッシャー(1898年-1972年)。世界中の人々を魅了し続けている、20世紀を代表する奇想の版画家の生誕120年を記念して行われる、東京では12年ぶりとなる大規模個展だ。

エッシャーは、コンピュータの存在しない時代に独自の発想で緻密で数学的な作品を生み出してきた。独特の構図と不思議で唯一無二の技法はまさに“ミラクル”。“トロン プ・ルイユ(だまし絵)”とも呼ばれ、社会的なブームを巻き起こした。

今回の展覧会では、代表的な作品はもちろん、初期作品、版画制作に使用された板や直筆のドローイングなど約150点が展示される。出展作品は世界最大級のエッシャー・コレク ションを誇るイスラエル博物館の貴重なコレクションで、日本初公開。

また、映像技術を使った参加型デジタルコンテンツで、現代からみたエッシャーの不思議な世界を体感できる、特別な空間も出現する。 東京での開催後、大阪・福岡ほか巡回予定。

<会期>
2018年6月6日(水) ~7月29日(日)

<会場>
上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

紹介者コメント・イベニアスタッフ
「現実には存在しえない構造物、無限に続くようなパターン、絵の中に引き込まれそうになる、不思議な魅力を持ったエッシャーの作品。

今回は世界最大級のエッシャー・コレクションを所蔵するイスラエル博物館の作品が初公開! さらに最新技術を使った体験も? 楽しみですね」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

(2017年10月4日時点の情報)

日本中、そして世界の“面白いイベント”情報を探し出し、紹介することに拘るWebサイト『イベニア』。規模の大小を問わず、斬新な企画のイベント、思わず人におススメしたくなるイベント、とにかく変なイベントなどの情報が満載。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます