ーーさあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

ーーさあ、さっそく初日を間近に控えた『ZEROTOPIA』のお話を今回もお聞きしていきましょう。

はい!

ーー聞くところによると、稽古場でのお稽古が、いよいよ終了したそうですね。

そうなんです。ちょうど昨日終わりました。(取材日は、4/2)

ーー稽古場といえば、3月初旬にあった『ZEROTOPIA』の公開稽古に、ミラチャイスタッフもお邪魔しました。

来ていただいたんですよね。ありがとうございます!

ーーあの日は、稽古場での会見のほか、劇中から4つの楽曲が披露されました。稽古場での記者会見は珍しいと思うのですが、佐江ちゃんとしては初めての経験ですか?

はい。稽古場会見って初めてでした。でも最近、作品によっては稽古場会見があるみたいです。

自分もそうなんですが、稽古場の様子ってすごく見てみたいと思うんです。

自分が舞台を「観る」側で、劇場でパンフレットを買ったりするときも、必ず、まずは後ろの方の、稽古場のオフショットから見るんです。DVDを買ったときも、まずはメイキングから見たりします。

だから、稽古場会見は、それぞれの役者さんのファンの方にとっても、きっと嬉しいことなんじゃないかなぁって思うんです。

先日は、私たちも緊張することなく、「いつもの稽古姿を見せるべきだよね」って、公開稽古に臨みました。衣装やヘアメイクをかっこよくキメずに、普段の稽古場風景を見ていただけたと思います。

ーー作り手側としては作っている過程を観せるって、どんな感じなんでしょう。

一部分とはいえ、先に見せてしまって、ちょっともったいないなあ、という気持ちもあったりします。

それで満足してしまう人もいると思うし。でも、それとは逆に、ますます興味をもって「もっと他の部分も観たい」って、思ってくれる人もいてくれると思っています。

本番では間違いなく、ブラッシュアップされて、もっとすごいものになっていると思います。衣装やヘアメイクがついて、セットや照明もあって。まさに「ゴージャス!」になると思います(笑)

ーーお稽古が終わったとなると、いよいよ次は会場入りですね?

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー