『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ©Marvel Studios 2018

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、ハリウッド作品で初めて、全編がIMAX®カメラで撮影された、記念すべき作品。

「通常版とどこが違うの?」「追加料金を払ってでも観に行く価値は?」そんな疑問を払拭する、“史上最高”のIMAX®版を徹底レポートします。

ハリウッド初! 全編IMAX®のド迫力映像

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ©Marvel Studios 2018

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はIMAX®シアターで観るよう意図し、製作された作品。

ハリウッド作品で初めて全編において、IMAX®カメラで撮影されました。

IMAX®シアターでは、全てのシーンにおいて1.9:1の画角に拡大。

スクリーンの、より広い範囲を埋め尽くし、通常シアターに比べ約26%増の映像を楽しむことができます。

視界を覆い尽くす『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の世界

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ©Marvel Studios 2018

圧倒的な没入感と臨場感

ただ単純に「画面が大きい」だけじゃない!

さすがは26%増の映像だけあり、視界いっぱいに広がる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の世界は圧巻。

まるで自分も入り込み一緒に戦っているような、没入感が段違いです。

3D効果がもたらす、鮮明な映像の数々

特に、3Dの奥行き感が加わった事による臨場感。

登場キャラクターの数もケタ違いな『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、アクションシーンでも、大勢の敵味方が入り乱れます。

奥行き感と立体感がある事によって、それぞれの戦闘パートで何が起こってるのか、より鮮明に!

さらに、インフィニティ・ストーンがそれぞれ放つ光が、立体化し迫って来る事によって、ストーンの持つパワーの強大さが、より強烈に画面の外まで伝わって来ます。

場面ごとの入り込み度も段違い!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、それぞれのキャラクターが、様々な惑星で戦います。

目まぐるしく変わる場面ごとの色味や雰囲気が、映画のコンセプトアートのように、3Dでパッと目に入ってくると、各場面へ瞬間的に入り込めます!

まるで、いくつのも映画を同時に観ている様。

惑星に立ち込める煙、砂ぼこり、塵などのリアル感も素晴らしく、「臨場感」という点においては、まさしくハリウッドNo.1です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます