鈴木敏夫とジブリ展鈴木敏夫とジブリ展 © Studio Ghibli

ジブリの世界観を堪能できる「鈴木敏夫とジブリ展」がもうすぐ始まりますよ~!

2019年4月20日(土) ~5月12日(日)、神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホールで開催される「鈴木敏夫とジブリ展」。

期間中、『湯婆婆』のこけしや手ぬぐいなど、映画『千と千尋の神隠し』に登場するキャラクターをデザインした展覧会限定グッズが登場します!

「鈴木敏夫とジブリ展」の魅力

鈴木敏夫さん 撮影:荒木経惟鈴木敏夫さん 撮影:荒木経惟

「鈴木敏夫とジブリ展」は、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんの"言葉"に注目した展覧会です。

作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、その本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木敏夫さん。「生きねば。」「ここで働かせて下さい。」「バルス」など、その力強い言葉を見れば、きっと誰しも心に残る名場面を鮮明に思い出せるのではないでしょうか。

鈴木さんご自身による書やジブリ作品の資料を用いて、鈴木敏夫さんの「原点」から「今」を紹介し、スタジオジブリの秘密に迫る内容となっています。

展覧会限定グッズ登場

鈴木敏夫とジブリ展鈴木敏夫とジブリ展 © Studio Ghibli


「鈴木敏夫とジブリ展」では、映画『千と千尋の神隠し』に登場するキャラクターをデザインした展覧会限定グッズ全7点が登場します。

商品に描かれているイラストは、全て今回の展覧会のために鈴木敏夫さんが描き下ろしたものなのだとか。東京会場で初お披露目です!

大人気キャラクター『湯婆婆』のこけしや手ぬぐいのほか、「八百万の神々/御朱印帳」「銭婆/がま口」、「開運鈴キーホルダー」、Tシャツやクリアファイルが登場予定です。

また、東京会場では湯婆婆と銭婆が人生&恋愛の悩みに助言をくれる"開運・恋愛"おみくじもお目見えします。湯婆婆と銭婆がどんな助言をくれるのか楽しみですね!

鈴木敏夫さんとジブリの魅力と世界を体験できる展覧会となりそうです。

ジブリファンもジブリ初心者も是非出かけてみては。

 

「鈴木敏夫とジブリ展」
会期 平成31年(2019)4月20日(土)~5月12日(日)計23日間 会期中無休
会場 神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール <御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分>
開催時間 10:00~18:00(最終入場 17:30)※営業時間は今後変更になる可能性があります。
観覧料 【特典付き前売り券】大人1,300円
【前売り券(特典なし)】大人1,200円 / 中高生800円 / 小学生600円 【当日券】大人1,300円 / 中高生800円 / 小学生600円

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子はボウズ2人。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます