「“スーパーマリオ”は始まりでもあり、未来でもある」古川未鈴がアツく語る!【でんぱ組.inc】

メンバーそれぞれがコアなオタクという異色のアイドルユニット・でんぱ組.incで、ゲーマーアイドルというポジションの古川未鈴。幼い頃からマリオシリーズで遊び、今ではマリオはかけがえのない存在になっているという彼女にロングインタビュー。

メンバーそれぞれがコアなオタクという異色のアイドルユニット・でんぱ組.incで、ゲーマーアイドルというポジションの古川未鈴。両親が生粋のゲーマーだった彼女は、幼い頃からマリオシリーズで遊び、今ではマリオはかけがえのない存在になっているという。

幼い頃から慣れ親しんだ“マリオ”という存在

──初めてマリオに出会ったのはいつ頃でしたか?

古川 初めては多分、永谷園のマリオがあったかと思うんですけど……。タイトルはなんだっ
たかなぁ。ゲーム画面に永谷園のロゴが出てくるんですよ……(笑)。

それをおばあちゃんの家で遊んでいたんですが、年齢はひと桁台だったと思います。タイトルは思い出せないけど、インパクトの強かった永谷園の画面をよく覚えてますね。

──そのソフト、こちらで調べておきますね。

古川 ぜひ! 気になってしかたないです! その後、物心ついてから遊んだのが『スーパー
マリオワールド』ですね。個人的にすべての原点と思っているゲームで、夢中になって遊びま
した。

でも、当時の私としては、ちょっと不気味で怖いという感覚があったので、恐る恐る遊んでたという印象がありますね。

──『スーパーマリオワールド』に関して、ほかに何か思い出はありますか?

古川 私は9年間くらいピアノを習っていたのですが、『スーパーマリオワールド』の楽曲ば
かり弾いていました(笑)。ピアノアレンジの楽譜が売られていたので、それを見て弾いていたのを覚えています。

──これまででいちばん遊んだマリオシリーズはなんですか?

古川 多分『マリオカート64』ですね。昔『スーパーマリオスタジアム』という番組が放送されていたんですが、妹と一緒にその番組に出たことがあるんです(笑)。そこで、まだ発売前の『マリオカート64』をプレイして、2位だったのを覚えています。1位を取りたかったですね(笑)。

──すごいですね。『スーパーマリオカート』で練習されていたりしたんですか?

古川 そうでもなかったと思いますが、その頃は普段からよくゲームで遊んでいたので、飲
み込みが早かったみたいです。『マリオカート64』もすぐにプレイできた記憶があります。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント