本物のナースがご案内! ゾクゾクするほど美しい「医療器具」だらけの展覧会【写真満載】

2015.11.19 16:00

「医療器具」と聞くと、痛くもないのに痛んだりしませんか? そんなちょっぴり怖い器具ばかりを集めた「医療器具展」パート2が新宿座で開催中! 今回は現在も医療現場で使われているものや、元大学病院手術室勤務の女性から直接話を聞けます! その見どころを紹介!

「新宿座プロデュース 医療器具展2」が、2015年11月10日(火)~11月22日(日)まで、新宿・新宿座にて開催中だ。今回は昨年、2014年7月に開催された「医療器具展」のパート2。前回よりもさらにパワーアップしての開催となった。

「医療器具展2」では、現在も医療の現場で使用されている最新の器具や、もう活用されていない旧タイプの器具、さらに古いアンティーク医療器具も展示されている。また、元大学病院手術室勤務のAKINOのサポートにより、日常では知ることのできない医療現場の裏側や、医療器具の専門的な使用方法なども聞くことができる。

新宿座プロデュース 医療器具展2/2015年11月10日(火)~11月22日(日)

DSC_0347+

医療器具のコレクターとの出会い

「医療器具展2」をプロデュースしたのは、会場である新宿座のオーナー・木村春介(きむら・しゅんすけ)。

木村は医師ではない。医療に携わったことはない。それでも医療器具に興味を持ったのは医療器具をコレクションしているコレクターと出会ったことによる。

「医療器具のコレクターの方がコレクションしている医療器具を見た時、小学生の時とかに、保健室か理科室にあった人体模型を興味深く見ていた、という記憶が甦ったんです」

映画『学校の怪談』などに出てくる、あの、深夜に動き回る人体模型。木村はそれを連想したのだという。

「きっと自分と同じように人体模型や、医療器具に興味を持っている方っているんじゃないかな? と思ったのが、展示をするきっかけになったんです」

そう思って前回、2014年に「医療器具展」を開催。木村が考えた通り、1000人弱の来場者があった。しかもその90%は女性。

DSC_0281+
「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング