©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、自分だけのドロイドやライトセーバーが作れたり、エリア限定の可愛いグッズが購入できたりします。

ライトなファンが楽しめる商品も多いですが、もちろん『スター・ウォーズ』マニア向けの商品もいっぱいです。

マニア必見のグッズが盛りだくさん

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」は、『スター・ウォーズ』シリーズの伝説的なアイテムが販売されています。

ルーク・スカイウォーカーや、オビ=ワン・ケノービ、ダース・モールのフィギュアや、彼らが使用したライトセーバーのレプリカを販売。

TVシリーズに登場するアナキンの弟子アソーカ・タノの白いライトセーバーは初登場です。

さらにジェダイが重要な情報をしまった「ホロクロン」も販売。

ジェダイの立方体のホロクロンに加え、シスの三角錐のホロクロンも登場。

カイバークリスタルを入れたり、ジェダイとシスのホロクロンを組み合わせたりすると、ホロクロンの色が変わります。

最高額は実寸大R2-D2

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

数多くのコレクターグッズが並ぶ「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の中でも最も高価な商品が、R2-D2の等身大ラジコン。

自在に動き回る彼は一見お店のプロップスのようですが、れっきとした商品です。

お値段なんと25,000ドル。

日本円で約270万円。

一般オープン前のキャストプレビューとプレスプレビューの時点で既に数個売れているというから驚きです。

R2-D2は「ドロイド・デポ」で販売中。

「ドロイド・デポ」では、R2-D2の他にも、BB-8やキャプテン・レックスことDJ R-3Xのグッズも販売されています。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、カリフォルニア ディズニーランドではオープン済。

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオでは2019年8月29日にオープン予定です。

フロリダでも同様のショップが展開される予定です。

取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます