【R-18】展示もフードもおっぱい&おしりだらけ! 夢の展覧会「双丘展」を満喫してきた【写真満載】

2016.6.15 17:30

千駄木のCafe Gallery 幻(まぼろし)にて、行われた「双丘展」を取材しました。「双丘」=つまり、“おっぱいやお尻”をテーマにした展示、その中身とは!? 写真満載でレポート。

メイン

おしりおっぱいおみくじに、おっぱいおにぎり&おっぱいアイスも!

千駄木のCafe Gallery 幻(まぼろし)にて、行われた「双丘展」を取材してきました。「双丘」とは二つの丘。つまり、“おっぱいやお尻”のこと。

みんな大好き、おっぱいとお尻にスポットを当てたという展覧会は、残念ながら18歳未満立ち入り禁止。

002

会場となるCafe Gallery 幻は、細い路地の奥にあり、赤と黒を基調とした内装で、何とも魅惑的な雰囲気です。

おっぱいとおしりが夢の競演

最近『ふともも写真』や『水中ニーソ』など、ある身体部分に特化した、フェティッシュなイベントが多いですが、胸とお尻の両方がテーマとなっている贅沢な企画。企画を担当した、くれいんえいとさんにお話を聞きました。

―― 「双丘展」開催の経緯を教えてください

「お尻だけ、おっぱいだけ、それぞれのイベントはあったのですが、両方を扱うものはなかったので、やってみようと思いました」

―― ジャンル、作風など、かなりバラエティーに富んだ展示内容になっていますね。

003

「今回、26~27組の作家さんが参加しているのですが、なるべく偏らないようにしました。いろいろな分野の人が出展して、いろいろなファンの人が見に来てくれて、お互いに視野が広がればいいと思います。作家さんには細かいテーマについて指定はしていないのですが、とても幅広い作品が集まりました」

―― 実際開催してみて、どうですか?

「やっぱりやってみないと分からないですよね。実は、もっと露骨な感じになるかとも思っていたのですが、意外にそうでもなかったですね」

確かに、もっと“肌色全開”なものを想像していたのですが、実際に会場に来てみると肌色面積はそこまで多くありません。

ただ身体のパーツをそのまま見せるのではなく、おしりやおっぱいの魅力を各アーティストが独自に追求し、表現したものが多い印象でした。奥ゆかしいですね!

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング