使うのは“本物の銃”! 超スリリングな「実弾射撃」をグアムで体験してきた

2016.8.17 12:30

グアムのスポーツ「実弾射撃」体験レポートをお届け。日本では決して味わえない、本物の銃を使用するというスリリングな体験で、暑さもストレスも吹き飛ばしましょう。

IMG_9638

夏のアクティブにおすすめな、グアムのスポーツ「実弾射撃」を体験してきました。日本では決して味わえない、本物の銃を使用するというスリリングな体験で、暑さもストレスも吹き飛ばしましょう。

IMG_9276

筆者が訪れたのは、グアムにある「野外射撃場G.O.S.R」。受付には本物の銃が所狭しと並んでいます。日本人オーナーが経営する同施設は、開業してから今年で12年目を迎えるグアムで唯一の屋外射撃場です。

「全米ライフル協会」から認可を受け、銃や弾薬庫の管理、メンテナンスも毎日行っています。アメリカ軍従事者から直接指導を受けた優秀なインストラクターが、全てのコースで初心者向けのレクチャーをしてくれ、銃の取り扱いを細かく教えてくれます。

IMG_9398
IMG_9377

同施設はグアムの民間射撃場の中では最長で、標的まで最大90メートルあります。レンジに入ると緊迫した空気が張りつめています。私たちが装着しているゴーグルと耳当て(レンタル無料)は、飛んでくる空薬莢と大きな発砲音から目と耳を守る大事なアイテム。

「バレットM82A1」というスナイパーライフルを他のお客さんが撃っていました。「ドカーン!」という、想像を遥かに超えた「爆撃音」に一同唖然。4人で体をビクつかせながら大興奮した瞬間でした。これだけでも、かなりのストレスが発散出来た気がします。

※実弾射撃場※
本物の銃とバレット(弾)を使い射撃体験が出来る施設のことをいう。銃の使用が認められている海外で、観光客を相手にした商売。街中にある射撃場はほとんどが「室内射撃場」で、スタッフが街に立って客引きをしていることが多い。

ゴーグルと耳当て、施設によっては防弾チョッキを装備し、的を狙って本物の銃を撃つことが出来る。海外滞在中は現地の法律が適応されるので、帰国後に逮捕されるようなことはない。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント