「オリジナル。」期間生産限定盤(CD+DVD)ジャケット ©ペトス・講談社/「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会

アニソンは、その曲を歌うシンガーや声優の魅力に加えて、各楽曲にクレジットされた作詞者と作曲家のクレジットによっても多くの楽しみを与えてくれる音楽ジャンルです。

様々なシーンから集ったクリエイター陣が、その才をフルに活かして、"アニソン"という音の結晶体を作り出す。その過程において、様々な化学反応が生まれ、時に、その組み合わせの妙は私達に大きな驚きを与えてくれます。

そうした意味で、今期のアニメ主題歌の中で、特に注目をすべき楽曲が、『亜人ちゃんは語りたい』のオープニングを飾る「TrySail」の『オリジナル。』。

この曲は、作詞に人気脚本家の岡田麿里さん、作曲に「クラムボン」のミトさんを迎えており、その豪華な制作体制でも音楽ファンの好奇心を大いに刺激してくれる一曲です。

ミトさんが劇伴を担当したアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』や、クラムボンがエンディング曲を提供した『花咲くいろは』の脚本を岡田麿里さんが手掛けていた"縁"もあってか、意外性を感じる一方で、どこか必然性も感じられる両者の邂逅。

そこから生み出された『オリジナル。』は、音の方も両者の持ち味を存分に味わうことができる素晴らしい仕上がりになっています。

住吉さんはユニゾンを活かした音作りを語りたい

先ず、ミトさんが作り出すサウンドですが、電子音楽的な感性に基いて構築された音世界は、繊細で美しい印象をリスナーに与える一方で、シッカリと自己主張をしてくるメロディの強さも併せ持っており、非常に明快な音でリスナーの耳を楽しませてくれます。

クラムボンやアニメ関連の音楽をクリエイトする音楽ユニットである「TO-MAS SOUNDSIGHT FLUORESCENT FOREST」としての活動では、ポストロックのような実験的サウンドアプローチも行っているミトさんですが、今回は、作曲家としての「らしさ」をシッカリ残しつつも、グッと「アイドルポップス」にサウンドを寄せ、TraySailのユニゾンを活かすことができる音作りにチューニングを合わせている印象を受けました。この辺りのポップ・ミュージック職人としてのミト氏の手腕は、本作の大きな聴きどころです。

また、岡田さんによる歌詞世界の中で綴られる「校舎」「水たまり」「光」といったキーワードに合わせて展開されるオープニングアニメーションもセンス抜群であり、「音」と「詞」と「歌」、そして、『亜人ちゃんは語りたい』というアニメ作品の「世界観」、その4つがガッチリと噛み合ったとても理想的なオープニングとなっています。歌い出しに、「語りたいよ」というワードを持ってくるセンスも言葉が作品性にシッカリと寄り添っているようで、実にアニメ脚本家らしい言葉の組み立て方です。

現在、耳にすることができるのは、テレビサイズの音源のみですが、ヒアリングをしただけでもどこかセンシティヴさを感じさせる歌詞や完成度の高いサウンドは、早くフルサイズで堪能したいところ。CDのリリースや楽曲配信のスタートが早くも待ち遠しくなってしまう楽曲です。

この春から、ソニー・ミュージック内の新レーベル「SACRA MUSIC」に所属し、その活動も新展開を迎えるTrySailですが、岡田麿里さんとミトさんという2人の豪華クリエイターが作り上げた『オリジナル。』は、新しい航海へと出ようとしている彼女たちの背中を力強く押してくれる一曲となるに違いありません。

TrySail 5thシングル『オリジナル。』は2月8日に発売。初回生産限定盤(1700円)、期間生産限定盤(1600円)、通常版(1200円)の3タイプが展開されます。

都内在住の極々平凡なサラリーマン兼、アニメ、音楽、プロレス、映画…と好きなものをフリーダムに、かつ必要以上に熱っぽく語るBLOG「さよならストレンジャー・ザン・パラダイス」管理人。永遠の"俺の嫁"である「にゃんこい!」の住吉加奈子さんと共に、今日も楽しいこと、熱くなれることを求めて西へ東へ。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー