左から、石川界人さん、三上哲さん、中村悠一さん、櫻井孝宏さん、山本浩治プロデューサー左から、石川界人さん、三上哲さん、中村悠一さん、櫻井孝宏さん、山本幸治プロデューサー

1月28日、映画『虐殺器官』の公開に先駆けた完成披露上映会が、お台場のシネマメディアージュで開催されました。

中村悠一さん(クラヴィス・シェパード役)、櫻井孝宏さん(ジョン・ポール役)、三上哲さん(ウィリアムズ役)、石川界人さん(リーランド役)、プロデューサーの山本幸治さんが登壇。集まったファンに向け、本作についてのトークを披露しました。

伊藤計劃さん作の小説を連続劇場アニメ化していく『Project Itoh』の1つである『虐殺器官』。制作を担当していたマングローブが2015年の秋に倒産し、公開延期となっていましたが、本作のために新たに立ち上がったジェノスタジオ制作のもと今年ついに公開。

紆余曲折を経て、ついに完成へとこぎつけた『虐殺器官』。主人公を演じた中村さんは、アフレコが行われたのが2015年の1月とかなり前であったことを明かし、完成した作品の感想を「見たときに、こんなんだっけ?と思いました(笑)」と冗談交じりに話しました。

櫻井さんも「実際にできあがった映像を見るまでに年単位の時間があったので、アフレコをしたときまだちょっと遠くにあったものが近くにあるような、不思議な感覚を味わった」と語りました。

©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN

原作が大好きだという三上さんは「ホッとした。形になったのがすごくうれしい」とコメント。アフレコ当時、伊藤計劃さんが影響を受けたというゲーム『メタルギアソリッド』の収録にも参加しており、運命的なものを感じていたそうです。

そして、この日の登壇者で最年少の石川さんは「現場は先輩ばかりで緊張したのもあって、すごく記憶に残っています。僕が演じた中ですごく衝撃的なシーンがあり、それを見たときに『こうなったんだ』とすごくうれしい気持ちになりました」と喜びを明かしました。