まもなく開催される東京マラソンは今年からコースが一新。ゴール地点が東京駅の駅前になりました。この近辺には皇居があるため、頻繁に訪れているランナーは多いでしょう。もちろん、これから皇居ランを楽しもうという方もいるはずです。

皇居周辺にはランステがいくつもありますが、銭湯での入浴もオススメ。入浴は体を温めてくれるほか、水圧によるマッサージ効果などランニング後の疲労回復にも良いのです。

そこで「走ったあとはゆっくり湯船に入りたい」というランナーに向け、東京駅から2km圏内を目安に4つの銭湯をご紹介します。

1.稲荷湯

東京マラソンのゴール地点から約1km。皇居ランの後、電車を使わなくても行ける距離にあります。電車なら大手町駅・神田駅から徒歩5〜6分。カウンター受付なので、番台に抵抗のある方でも安心でしょう。

ただし、シャンプーやボディソープは置かれていないので、持参する必要があります。尚、ロッカーに荷物を入れたままランニングに出られるので、ランステのように利用することも可能です。

・住所:千代田区内神田1-7-3
・電話:03-3294-0670
・営業時間:14:50〜24:30(祝日〜22:30)
・定休日:日曜
料金:大人460円、中人180円、小人80円

2.銀座湯

都営浅草線「宝町」駅からすぐ、皇居から見ると東京駅の反対側に位置します。銀座界隈に近いので、汗を流した後は買い物に繰り出すなんていうのも良いでしょう。

受付は昔ながらの番台で、レトロな雰囲気を感じられる銭湯です。

・住所:東京都中央区銀座1-12-2
・営業時間:15:00〜23:00
・定休日:日曜、祭日
・料金:大人460円、中人180円、小人80円

このページが気に入ったら、フォローしてね!!