ハルク vs ハルクバスター

「六本木ヒルズでやっているマーベル展、なんか凄そうだけど、おもしろいの?」というあなたへ。

マーベルにこれから足を踏み入れようとしているビギナーが、マーベル展を楽しむ、2つのヒントを紹介します。

マーベル史上最大の展示会!!

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」

2017年6月25日(日)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催されている、「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」。

実は、日本だけでなく、世界中を見回しても(もちろん本国アメリカを含めて)、今までにない、史上最大の展示となっています。

マーベルは、いわゆるアメコミであり、日本国内では、まだそれほど人気が浸透していません。

『アベンジャーズ』シリーズをはじめとする、マーベル・シネマティック・ユニバース映画群の登場により、大きく潮目は変わってきましたが、それでもまだ、『スター・ウォーズ』シリーズのようなメジャーなタイトルとは言えないでしょう。

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」

それがなぜ、東京の、しかも六本木ヒルズのような場所で、マーベル史上最大の展示会が開催されているのか。

マーベル展の企画・運営スタッフにした、ウレぴあ総研ディズニー特集の記事「史上最大「マーベル展」企画・運営スタッフさんに訊いてみた! 想いと見どころは?」で、詳しく紹介しています。

マーベル展を楽しむために1/無料エリアで下見してみる

マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ

なんか凄い展示である事実はわかったけど、マーベルをよく知らない自分にとって、いきなり¥1,800(一般・当日券/屋内展望台、森美術館入場料含む)も払うのは、ちょっとね……。

そんなあなたにオススメなのが、まずは有料のマーベル展ではなく、六本木ヒルズ内をうろうろして、下見をしてみる選択です。

マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ

六本木ヒルズ内は、「マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ」と題して、さまざまなディスプレイやフォトスポット、コラボアイテムの販売、レストラン・カフェでのサービスが登場しています。

無料と侮るなかれ。

実はこれ、マーベルの魅力を感じるには、充分すぎるクオリティなのです。

ハルク vs ハルクバスター

中でも、ハルク vs ハルクバスターの展示は、大きさといい、迫力といい、胸アツです。

もし、これら無料エリアで、

「ふーん、なんかアメコミっぽいキャラがいるね。クオリティが高そうなのはわかるけど、よくわからん……」

くらいしか感じるところがなく、心動かされないのであれば、まだマーベル展を楽しむ準備ができていないのかもしれません。

マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ

逆に、お、これはもっと見てみたいぞ、と興味がそそられるのであれば、六本木ヒルズ展望台へ向かって、チケットを買いましょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます